あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

扁桃炎の体験談

強力な抗生物質を処方するので様子を見ましょうと言われました。近くの小規模な耳鼻咽喉科では対応できない扁桃腺の腫れだと診察されていたので藁にもすがる思いでしたが、この薬で快方に向かいました。

患者との関係:本人患者:30代男性治療時期:2014年10月

扁桃炎とは

口蓋垂の左右に1個ずつある扁桃(口蓋扁桃)の周辺に存在する常在菌が、風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけになり悪さをして、扁桃に炎症をおこす病気です。「急性扁桃炎」は扁桃の炎症が特に強いタイプをいい、「慢性扁桃炎」は急性扁桃炎が慢性化したもので、口蓋扁桃の炎症を繰り返すものや持続するものをいいます。

扁桃炎の症状

満足度

扁桃腺の腫れが無くなり、喉の痛みからも解放されて食事を摂るのが苦痛ではなくなりました。

副作用

治療履歴

積極的な水分補給を徹底すると共に抗生物質(キノロン系)を処方して頂きました。

病気と症状について

小さい頃から疲労が溜まると扁桃腺の炎症になる体質でした。今回も仕事の疲労やストレスが重なり、大きく扁桃腺が腫れ、39度以上の高熱が出ると共に喉の強烈な痛みで食事を摂ることができなくなった為、近くの内科を受診しました。

参考:扁桃炎にかかった他の人の症状は...?

最初は喉の痛みだけでした。徐々に咳が出るようになり、次第に喉...

(続きを読む)

もともと風邪をひくと扁桃腺が腫れるタイプではありましたが、頻...

(続きを読む)

扁桃炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ抗菌薬を選んだか

強力な抗生物質を処方するので様子を見ましょうと言われました。近くの小規模な耳鼻咽喉科では対応できない扁桃腺の腫れだと診察されていたので藁にもすがる思いでしたが、この薬で快方に向かいました。

参考:他の人が抗菌薬を選んだ理由は...?

月経の大幅な遅れ、それに伴う月経痛がひどくなりその月の月経中...

(続きを読む)

喉の腫れによる気管切開を避ける為に点滴による抗生剤等の投与が...

(続きを読む)

他の人が抗菌薬を選んだ理由をもっと読む

抗菌薬とは

のどの炎症を抑えるために、主にペニシリン系の抗菌薬を服用します。症状が悪化した場合や脱水症状のある場合は、抗生物質などの抗菌薬を静脈注射や点滴治療で投与することがあります。なお、抗生物質は細菌にだけに効く薬で、ウイルス性の急性扁桃炎には効きません。

「抗菌薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

なし

抗菌薬の効果について

薬を服用してから数日で腫れはほぼ無くなりました。以降は約2週間分の薬を処方されていましたので、体調に気を付けながら飲みきりました。

参考:他の人が感じた抗菌薬の効果は...?

現在は処方して頂いた薬を使いきってしまったため、使用してませ...

(続きを読む)

4日間の点滴の投与により喉の痛みと腫れが改善。 6日目には...

(続きを読む)

他の人が感じた抗菌薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間:約2週間

治療に関する費用

3000円程度、1回の通院で完治

副作用について

なかった

参考:他の人が感じた抗菌薬の副作用は...?

上記にも示したとおり、月経痛などがひどかったです。...

(続きを読む)

副作用はなかったです。...

(続きを読む)

他の人が感じた抗菌薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

いずみクリニック

扁桃炎を患っている方へのアドバイス

扁桃腺が腫れる体質の方は扁桃腺を摘出してしまうことがベストだとは思いますが、短期的に考えた場合は抗生物質で十分に対処することができます。
とにかく扁桃腺に違和感や僅かでも痛みを感じた場合には直ぐに内科や耳鼻咽喉科を受診されることをお薦めします。我慢して放置しても症状が悪化するだけです。

参考:扁桃炎を経験した他の人のアドバイスは...?

扁桃炎は昔は切除手術をする人も少なくなかったという話も聞きま...

(続きを読む)

扁桃腺の炎症がひどくなる前に受診したほうがいいと思います。 ...

(続きを読む)

扁桃炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年12月01日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

扁桃炎の体験談をもっとさがす

抗菌薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす