あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

扁桃炎の体験談

喉が痛くなると、水を飲むの痛く、水分補給できないのが一番つらかったです。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:1985年2月

扁桃炎とは

口蓋垂の左右に1個ずつある扁桃(口蓋扁桃)の周辺に存在する常在菌が、風邪ウイルスの感染や疲労がきっかけになり悪さをして、扁桃に炎症をおこす病気です。「急性扁桃炎」は扁桃の炎症が特に強いタイプをいい、「慢性扁桃炎」は急性扁桃炎が慢性化したもので、口蓋扁桃の炎症を繰り返すものや持続するものをいいます。

扁桃炎の症状

満足度

子供の頃から通い続けている病院なので、何の説明をしなくても、ある程度先生が理解してくれているので、しんどくても素早く対応してくれます。

副作用

治療履歴

病気と症状について

元々小児喘息を抱えており、同時に風を引くと必ず40度ぐらい熱が出ていた事を記憶しています。大人になってからも、風邪を引くと低くて38.5度ぐらいの熱が出ます。
手術をする必要はないとの事でしたが、やはり風邪をひくといつも喉がやられて、扁桃炎と診断されます。
つい先日、10月中旬にも風邪をひき病院に行くと、扁桃炎と診断されました。

参考:扁桃炎にかかった他の人の症状は...?

最初は喉の痛みだけでした。徐々に咳が出るようになり、次第に喉...

(続きを読む)

もともと風邪をひくと扁桃腺が腫れるタイプではありましたが、頻...

(続きを読む)

扁桃炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜネブライザー療法を選んだか

喉が痛くなると、水を飲むの痛く、水分補給できないのが一番つらかったです。

参考:他の人がネブライザー療法を選んだ理由は...?

切開と共に耳鼻咽喉科では必須のネブライザー治療をすることで扁...

(続きを読む)

医師からは入院して扁桃腺を摘出したほうがいい。と勧められまし...

(続きを読む)

他の人がネブライザー療法を選んだ理由をもっと読む

ネブライザー療法とは

霧状の薬剤を鼻や口から吸入し、患部に直接薬を当てて治療します。
ネブライザー(吸入器)を使用することにより、患部に効率よく薬を作用させ、粘膜の腫れなどを鎮ることができます。

「ネブライザー療法」の概要

ネブライザー療法の効果について

先生もわかっているので、薬も私に合うものを処方してくれたので、長引かずに助かりました。

参考:他の人が感じたネブライザー療法の効果は...?

治療の効果は直ぐに現れ、扁桃腺の膿が無くなったことで腫れは直...

(続きを読む)

病院にかかってから数日間は喉の痛みが続き、声を出すのも大変で...

(続きを読む)

他の人が感じたネブライザー療法の効果をもっと読む

治療期間

治療期間:2週間

治療に関する費用

覚えていません。

副作用について

副作用はありませんでした。

参考:他の人が感じたネブライザー療法の副作用は...?

副作用はありませんでしたが、辛い食べ物等刺激のあるものはしば...

(続きを読む)

胃が痛くなる事や、便が緩くなる事はありましたがそのほか大きな...

(続きを読む)

他の人が感じたネブライザー療法の副作用をもっと読む

扁桃炎を患っている方へのアドバイス

手術をしなくていいと言われた方なら、上手い具合に付き合っていくしかないと思います。
一番は、やはり自分に合う病院=ドクターを探すのが一番だと思います。

参考:扁桃炎を経験した他の人のアドバイスは...?

扁桃炎は昔は切除手術をする人も少なくなかったという話も聞きま...

(続きを読む)

扁桃腺の炎症がひどくなる前に受診したほうがいいと思います。 ...

(続きを読む)

扁桃炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年11月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

扁桃炎の体験談をもっとさがす

ネブライザー療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす