あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

胸郭出口症候群(TOC)の体験談

酷い痛みが出ていた上肢ではなく、股関節の柔軟性を高めるようなストレッチを医師自らが指導してくれた為。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2010年2月
運動療法股関節の柔軟性を高める為のストレッチ
満足度

副作用も全くなく、実際に痛みの緩和など効果を感じることが出来た為

副作用

治療履歴

2010年2月からメチコバールとユベラ開始。ロキソニンも処方されましたが、元来胃が弱い為しばらくして服用を中止しました。

病気と症状について

左肩、左腕に激しい痛みと痺れがあり、受診しました。一番酷い時には運転も出来ない程の痛みで、イライラ。食欲もなくなる程で。。
受診したところ、胸郭出口症候群だと診断されました。医療職についている為、知識はありましたので、「やっぱりか」という形で受け入れました。

参考:胸郭出口症候群にかかった他の人の症状は...?

赤信号で停車中に後ろから追突されました。事故処理後に病院の整...

(続きを読む)

もともと肩こりがひどく体のメンテナンスのためにカイロプラティ...

(続きを読む)

胸郭出口症候群にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ運動療法(体操、運動訓練、リハビリテーション)を選んだか

酷い痛みが出ていた上肢ではなく、股関節の柔軟性を高めるようなストレッチを医師自らが指導してくれた為。

参考:他の人が運動療法を選んだ理由は...?

体への負担が軽く、自分で簡単に実施できる方法だった為...

(続きを読む)

運動療法とは

症状が軽い場合に、上肢やつけ根の筋肉を鍛えることで症状の緩和を目指す方法です。
状態にあわせた訓練法がとられます。

「運動療法」の概要

運動療法(体操、運動訓練、リハビリテーション)の効果について

痛みは、投薬の成果もあってか少しずつ緩和されていきました。
現在もたまに肩が痛むことがあるのですが、意識して股関節のストレッチを行っています。

参考:他の人が感じた運動療法の効果は...?

痛みやしびれがまったくなくなるといったものではなかったですが...

(続きを読む)

治療期間

2か月

治療に関する費用

1回分の診察料のみ

副作用について

とくにありません

参考:他の人が感じた運動療法の副作用は...?

特にありませんでした...

(続きを読む)

胸郭出口症候群を患っている方へのアドバイス

胸郭出口症候群は、他人が見て分かりにくいため理解されにくく、本人はかなり辛い病気だと思います。
私は、冷えると血行が悪くなり症状が強く出るので、首回りをとにかく冷やさないように心がけていました。
また、一度この病気を患ってしまった方は、やはり再発しやすい傾向(骨格や姿勢など)があると思われますので、予防も大切かと思います。冷やさない、同一姿勢をとり続けない、重たいものは左右均等に持つ、など常に気をつけています。

参考:胸郭出口症候群を経験した他の人のアドバイスは...?

整形外科ではわからないものだったようなので、専門外来を受診し...

(続きを読む)

胸郭出口症候群になると腕にしびれが出てきて自由に動かせなくな...

(続きを読む)

胸郭出口症候群を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年03月22日
気になる点を報告