あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

甲状腺がん(甲状腺の悪性腫瘍)

甲状腺がんとは

甲状腺がんは、「のどぼとけ」といわれる甲状軟骨先端のすぐ下にある小さな臓器「甲状腺」に悪性の腫瘍ができる病気です。組織の特徴により「乳頭がん」「濾ほう胞がん」「髄様がん」「未分化がん」に分類されます。また甲状腺から発生するリンパ系のがんとして「悪性リンパ腫」も加わることもあります。それぞれ広がりやすさや増えやすさ、転移の有無などに特徴があるため治療法が異なります。

症状と原因

家族や友人など周囲の人から、のど元のふくらみやしこりを指摘されて気がつくことが多いです。また違和感や痛み、のみ込みにくさ、声のかすれ(嗄声)などの症状が出てくることもあります。

体験談

体験談を見るにあたって

主な治療法は、外科療法や放射線療法、抗がん剤を用いた化学療法です。種類や進行具合、症状など総合的な見地から治療法が決定されます。外科療法には、鎖骨の上方で水平に切開する「頸部襟状切開(けいぶえりじょうせっかい)」と内視鏡を用いた「内視鏡手術」があります。「頸部襟状切開」はステージや悪性度により切除する範囲が異なり、それに合った術式が選択されるため、検査により状態を確認することが必要です。

更新日:2017年06月06日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす