あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の腱鞘切開術の体験談

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の「腱鞘切開術」に関する体験談をまとめています

このページでは、腱鞘炎の腱鞘切開術を経験された方の体験談を掲載しています。
この方法しか、治療が見込めなかった事と、一度治療すれば、その部分については再度ばね指になる事はないと言われた為。 (30代女性)」や「他の選択肢を紹介されなかったし、私自身あまり薬などに頼りたくなかったので。また、高校生の時に大学受験のピアノでやはり同じように手を痛めて、その時も安静でどうにか復活させたため。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-12件目を表示/全12件

腱鞘切開術とは

手術で腱鞘の一部を切り、腱鞘炎の症状を治す方法です。
一般的に入院の必要はなく、局所麻酔によって行われ、手術時間は数10分といわれています。
手術では指のつけ根を1cm~2cm切開し、腱鞘の狭くなっている部分を切除することで腱が動くようにします。

腱鞘切開術の詳細はこちら

更新日:2017年01月30日

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす