あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の腱鞘切開術の体験談

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の腱鞘切開術に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、腱鞘炎の腱鞘切開術を経験された方の体験談を掲載しています。
手術などは授乳中ということもあり選択不可でした。テーピングをして安静にするという選択肢しか選べなかったというのが現状です。 (20代女性)」や「まだ程度の軽い腱鞘炎だったため、まずは安静を命じられました。その後の様子を見て、投薬をするかを決めることになりました。 (30代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-12件目を表示/全12件

腱鞘切開術とは

手術で腱鞘の一部を切り、腱鞘炎の症状を治す方法です。
一般的に入院の必要はなく、局所麻酔によって行われ、手術時間は数10分といわれています。
手術では指のつけ根を1cm~2cm切開し、腱鞘の狭くなっている部分を切除することで腱が動くようにします。

腱鞘切開術の詳細はこちら

更新日:2017年01月30日

腱鞘切開術以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす