あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)のステロイド(副腎皮質ホルモン)の体験談

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の「ステロイド」に関する体験談をまとめています

このページでは、腱鞘炎のステロイド(副腎皮質ホルモン)を経験された方の体験談を掲載しています。
こどもの授乳と家事は毎日のことであり、ギプスなどで固定されると何もできないので、すぐに治す必要があった (30代女性)」や「とにかく早く直したい、痛みを取りたいという気持ちで、一番手っ取り早かったのが注射だったからです。むしろ手術をした方が良かったのかもしれませんが、それほど重症でもなかったのでしょう。非常に痛くて、注射後は半身が動かないほどしんどいものでしたが、その後暫くは痛みを感じずにいられたので。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-14件目を表示/全14件

ステロイド(副腎皮質ホルモン)とは

病院で痛みのある腱に直接注射をし、腱鞘炎の炎症を抑えて痛みを緩和する方法です。
一般的に、2~3週の間隔を空けて2回注射しますが、1回の注射で痛みが緩和する場合もあるといわれています。
改善がない場合や再発する場合は3~4回注射したり、手術による治療を選択する場合があります。

ステロイド(副腎皮質ホルモン)の詳細はこちら

更新日:2016年03月22日

ステロイド(副腎皮質ホルモン)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす