あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の安静の体験談

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の「安静」に関する体験談をまとめています

このページでは、腱鞘炎の安静を経験された方の体験談を掲載しています。
13年余り通っているこの鍼灸マッサージ院が気に入っているため。相談したら、治るかも…という予感がありました。その予感はあたったのですが。また、私は病院が苦手なんです。鍼灸マッサージで間に合う「体調のプチ不調」は、まずは鍼灸マッサージに相談しています。通い始めて13年以上になりますが、あまり病院に行ったことはありません。もちろん、皮膚科でないと治療ができない類の火傷、いぼ治療は皮膚科へ行きましたし、整形外科に行った病状の時もありました。全体的に「病院に行く回数は減ったなあ」と思います。 (40代女性)」や「接骨院の先生にあまり冷やさないようにしてくださいと言われました。なので少し痛みを感じたりするとお湯につけて温めたりしていました。すると痛みが和らいでいく事がほとんどだったので早く治したいという気持ちからよく温めるようになりました。 (10代以下女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全38件

安静とは

腱鞘炎の治療は保存治療が第一選択であり、ほとんどの場合はなるべく動かさず、安静を心がけるよう指導されます。
日常的に使用する部位の腱鞘炎の場合、動かないように包帯で固定する場合もあります。

安静の詳細はこちら

更新日:2016年06月07日

安静以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす