あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の安静の体験談

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の「安静」に関する体験談をまとめています

このページでは、腱鞘炎の安静を経験された方の体験談を掲載しています。
赤ちゃんのお世話は休むことはできず、手も使わないわけにはいかなかったので、サポーターをすることで、痛みがかなり軽減できたのは助かりました。授乳中で薬がなかなか使えない状況だったので、手首の安静のためのサポーターが一番効いたように思います。 (30代女性)」や「酷い場合は手術をしたと聞いたのですがかなり痛みがあったもののシップだけで済んだのにびっくりした。しかし、シップを貼る位置が手首だったため、リストカットに間違われ通学中の電車でじろじろ見られました。 (10代以下女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-30件目を表示/全38件

安静とは

腱鞘炎の治療は保存治療が第一選択であり、ほとんどの場合はなるべく動かさず、安静を心がけるよう指導されます。
日常的に使用する部位の腱鞘炎の場合、動かないように包帯で固定する場合もあります。

安静の詳細はこちら

更新日:2016年06月07日

安静以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす