あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の体験談

育児中だったので、極力薬などは使いたく無かったのと、治療に時間をあまりかけられなかった。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2015年4月

腱鞘炎とは

腱をおおう腱鞘に炎症がおき、動かしたときに痛みが生じる病気です。親指や中指に発症することが多いですが、腱があればどこでも発症する可能性があります。中高年の女性や、手を酷使した場合にかかりやすいといわれています。

腱鞘炎の症状

満足度

腕や手を使わないようにするのは日常生活をする中で不可能であるので、いつまで続くか分からない痛みに耐えながらの毎日はやはり辛かったです。
しかし薬が使えない状況だったとはいえ、お金がかからないというのは最大のメリットだと思います。

副作用

治療履歴

2015年4月頃に痛みが出だしてからはとにかく必要以上に腕を使わないようにしていました。

病気と症状について

3月に子どもを出産し、授乳などで子どもを抱く為に腕に負担がかかったようで、1ヶ月後くらいから両手親指から両手首にかけて痛みが出ました。
23ヶ月ほどは痛みが強くなっていき、4ヶ月経つ頃には親指を動かすだけでも痛みが走るようになりました。
それを過ぎた辺りで痛みのピークは過ぎ、徐々に痛みも引いていきました。

参考:腱鞘炎にかかった他の人の症状は...?

仕事柄、指を酷使してきたツケが50歳を過ぎてから出始め、だま...

(続きを読む)

出産後、赤ちゃんを抱っこすることが多く、最初は抱っこをすると...

(続きを読む)

腱鞘炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ安静を選んだか

育児中だったので、極力薬などは使いたく無かったのと、治療に時間をあまりかけられなかった。

参考:他の人が安静を選んだ理由は...?

保険適用で費用が安く済んだことと、当時すんでいたところから通...

(続きを読む)

病院で処方された湿布薬がよく効き、貼った瞬間から炎症を冷まし...

(続きを読む)

他の人が安静を選んだ理由をもっと読む

安静とは

腱鞘炎の治療は保存治療が第一選択であり、ほとんどの場合はなるべく動かさず、安静を心がけるよう指導されます。
日常的に使用する部位の腱鞘炎の場合、動かないように包帯で固定する場合もあります。

「安静」の概要

安静の効果について

23ヶ月ほどで痛みは徐々に引いていき、気付けば全く痛くなくなっていました。

参考:他の人が感じた安静の効果は...?

2002年~2003年徐々に改善され、普段通りの生活ができる...

(続きを読む)

病院にで処方された湿布を貼って、その日は湿布薬が気持ちいい程...

(続きを読む)

他の人が感じた安静の効果をもっと読む

治療期間

23ヶ月

治療に関する費用

0円

副作用について

副作用はありません。

参考:他の人が感じた安静の副作用は...?

副作用はなかったが、根治には至らなかった。...

(続きを読む)

まったくありませんが、たまに被れました。...

(続きを読む)

他の人が感じた安静の副作用をもっと読む

腱鞘炎を患っている方へのアドバイス

それぞれ痛みの度合いなどが違うので安静にしているだけで全ての人が治る訳では無いかもしれません。
一度でも病院で診てもらう方がより早く完治する近道だと思います。

参考:腱鞘炎を経験した他の人のアドバイスは...?

ばね指は女性に多いと云われている通り、母も妹もかかっていまし...

(続きを読む)

まずは、手を使いすぎないことが1番です。生活を見直してみて、...

(続きを読む)

腱鞘炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2016年01月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

安静の体験談

治療法ごとに体験談をさがす