あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

腱鞘炎(狭窄性腱鞘炎、ばね指、ドケルバン病、ドゥケルバン病)の体験談

特に痛みが激しく耐えられないほどではなかったため、通院回数や料金を考えて安静としました。

患者との関係:家族患者:10代以下男性治療時期:2013年4月
安静テーピング

腱鞘炎とは

腱をおおう腱鞘に炎症がおき、動かしたときに痛みが生じる病気です。親指や中指に発症することが多いですが、腱があればどこでも発症する可能性があります。中高年の女性や、手を酷使した場合にかかりやすいといわれています。

腱鞘炎の症状

満足度

治療時の痛みは少なく、時間も1回に30分程度でした。

副作用

治療履歴

電気治療の後に整復師による手技での治療、テーピングと冷湿布を施し、安静にしました。

病気と症状について

楽器演奏の練習と運動会練習が重なって、手首に負担がかかって痛みが強くなっていきました。
宿題をするためにノートに文字を書くときにも痛むようになってきたので、長引く前に治療をしようと受診し、手首の腱鞘炎と言われました。

参考:腱鞘炎にかかった他の人の症状は...?

暇だったので、編み物を休日確か7時間近く休みなしでしていた。...

(続きを読む)

子供の体重が少しずつ重くなると共に痛み出しました。私は左手で...

(続きを読む)

腱鞘炎にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ安静を選んだか

特に痛みが激しく耐えられないほどではなかったため、通院回数や料金を考えて安静としました。

参考:他の人が安静を選んだ理由は...?

腱鞘炎は、痛みを和らげる痛み止めの注射をうつしか対処法はない...

(続きを読む)

体への負担が軽かったことと薬との相性が悪く処方された痛み止め...

(続きを読む)

他の人が安静を選んだ理由をもっと読む

安静とは

腱鞘炎の治療は保存治療が第一選択であり、ほとんどの場合はなるべく動かさず、安静を心がけるよう指導されます。
日常的に使用する部位の腱鞘炎の場合、動かないように包帯で固定する場合もあります。

「安静」の概要

安静の効果について

手首は日常的に使ってしまうので痛みが引きにくいと言われました。
電気と手技での治療をし、初めのうちはテーピングをしてもらい、無理な力が掛からないようにして安静を保ちました。
それから様子を見ながらテーピングもやめ、経過観察で完了しました。

参考:他の人が感じた安静の効果は...?

とにかく安静にといわれ、気にするようにはしましたが、痛みは2...

(続きを読む)

はじめは利き手なので無意識に使ってしまい痛かったのですが、し...

(続きを読む)

他の人が感じた安静の効果をもっと読む

治療期間

通院1カ月

治療に関する費用

一回の治療費が350円ほどで、1か月間に4回通院しました。

副作用について

テーピングの個所が少しかゆくなりましたが、剥がしてもよいとのことで、あまり気になりませんでした。

参考:他の人が感じた安静の副作用は...?

なし。...

(続きを読む)

他の人が感じた安静の副作用をもっと読む

腱鞘炎を患っている方へのアドバイス

腱鞘炎は動作により使う個所が痛くなるので、できるだけ使わないほうが良いようです。
ただ、使わないで筋力などが落ちることもあるので、程度によっては安静に加えて少しは動かしたほうが良いのだそうで、医師の診察と助言に従うほうが完治への早道だと思います。

参考:腱鞘炎を経験した他の人のアドバイスは...?

安静にといわれてもなかなか難しいため、周囲の家族や同僚にいろ...

(続きを読む)

違和感を感じたらすぐに病院へ行き、注射を打つのが良いと思いま...

(続きを読む)

腱鞘炎を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年11月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

腱鞘炎の体験談をもっとさがす

安静の体験談

治療法ごとに体験談をさがす