あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

バージャー病(閉塞性血栓血管炎、TAO)

バージャー病とは

喫煙歴のある20~40代の男性に多い、比較的細い血管の病気です。
手や足のとくに下肢の血管に血のかたまりとなる血栓がおこり、末端部への血流がさえぎられてしまうことで、末端部の冷えやしびれがおこります。そのほか、歩行時に一定距離ごとに休まなくては歩き続けられない間歇性跛行(かんけつせいはこう)や、重症の場合では、手や足の爪の周囲などに潰瘍(かいよう)や壊疽を引きおこす場合もあります。
また、体表部に近い表在静脈(ひょうざいじょうみゃく)や、まれに大動脈などにも炎症を生じることがあります。

症状と原因

主に足の指先の冷えやしびれなどの感覚障害や、皮膚の色調の変化などがおこります。その次にあらわれる症状として、一定距離ごとに休まなくては歩き続けられないといった症状(間歇性跛行:かんけつせいはこう)があげられます。

体験談

体験談を見るにあたって

まず第一に、禁煙を確実に実施し、間接喫煙もなるべくさけることが必要となります。
患肢や全身の保温に努め、冷たい外気になるべく触れないよう意識しましょう。また、歩行訓練や運動療法も重要な治療の基本となります。
軽症例では経口薬物療法を行い、経過を観察します。症状が安定または改善すれば、引き続き、禁煙と経口薬物療法のみで対処します。
症状が悪化する場合や重症の場合には、経口薬物療法に加えて注射療法による治療が行われます。これらの薬物療法が無効な場合には、血行再建術や交感神経節切除術、神経ブロック、患肢切断の適応が検討されます。
また、近年では遺伝子治療や自己骨髄細胞移植(じここつずいさいぼういしょく)、末梢血単核球細胞移植(まっしょうけつたんかくきゅうさいぼういしょく)、自家血管内皮前駆細胞移植(じかけっかんないひぜんくさいぼういしょく)などの血管新生療法が注目されています。
国立循環器病センターや大学病院などの大規模な施設で試験的に施行が開始されはじめている段階のため、まだ完全に確立された治療の段階にまではいたっていませんが、外科治療でも消えない痛みや患肢の切断の可能性を解消する新たな治療として、期待されています。

更新日:2016年10月05日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす