あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

斜視の体験談

メガネの矯正や訓練だけでは効果が現れず母が見た目をよくしてあげたいと思い手術しました。

患者との関係:本人患者:10代以下女性治療時期:1993年3月
満足度

今では疲れた時などたまに斜視が出てしまったり光にも多少敏感ですが見た目が戻り写真を撮られても苦ではありません。手術して治して良かったと思っています。

副作用

病気と症状について

3歳になったばかりの頃ものもらいで眼科を受診しました。その時眼科医が視線が合っていないこと内斜視の疑いがあることを告げられました。治療を開始しプリズムメガネや視能訓練を行いました。近所の総合病院の眼科で治療していましたが手術の話が出た時その病院では専門家がいなかった為斜視手術が出来る大学病院へ転院しました。

なぜ外科療法を選んだか

メガネの矯正や訓練だけでは効果が現れず母が見た目をよくしてあげたいと思い手術しました。

外科療法の効果について

3歳からメガネによる矯正と視能訓練して手術を視野に入れた治療を行ってきました。小学一年の時に手術を行いました。術後は少し引っ張られ感と痛みがありましたが徐々に治まってきました。手術から20年経ちましたが大きな戻りは出ていません。疲れた時に写真を撮ると斜視になったり眩しさにも多少敏感ですが日常生活には問題ありません。今は近視でメガネやコンタクトしていますが以前斜視が完治した時プリズムメガネがとれて裸眼での生活をおくれていました。

治療期間

入院期間1週間

治療に関する費用

入院費 通院費 10万程度 1500円程度

副作用について

術後結膜が赤く腫れてしまい今でも赤茶色く後が残っています。しかし目をよく見なければわからないので想定範囲内です。

斜視を患っている方へのアドバイス

目の手術は怖いと思いとても不安に思っていました。しかし子どもだったので全身麻酔であっと言う間に終わりました。学校でもメガネを取るのが怖くなく他の人の目も怖くなくなりました。
また子どもはメガネをするのを嫌がったり目薬を嫌がったりするので保護者の方が根気よく説明して付き合っていくことが大事だと感じました。

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年02月17日
気になる点を報告

斜視について実際に質問してみる

斜視の体験談をもっとさがす

外科療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす