あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

全身性エリテマトーデス(SLE)

全身性エリテマトーデスとは

本来は体内の細菌やウイルスを攻撃する役割の免疫に異常がおこり、自分自身の細胞や組織を攻撃してしまう「自己免疫疾患」の代表的な1つです。関節、臓器、神経などに炎症がおこり全身に障害をきたす全身性の疾病で、症状の安定と悪化を繰り返します。

症状と原因

発熱、関節痛、赤い発疹、倦怠感、疲れやすさ、食欲不振など全身性の症状が発病初期からみられます。また頬に蝶が羽を広げるように現われる「蝶形紅斑」と呼ばれる発疹が出ることが特徴的です。

体験談

体験談を見るにあたって

全身性エリテマトーデスのような自己免疫系の病気の一般的な治療は薬物療法です。その中でもステロイドによる治療が一般的に行われており、それによる効果が不十分な場合や副作用が強すぎる場合には、他の薬による治療または血漿交換法などを検討する必要があります。その際も、ステロイドによる治療と併用して行われることが多いです。

更新日:2018年11月13日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす