あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

帯状疱疹の神経ブロックの体験談

帯状疱疹の「神経ブロック」に関する体験談をまとめています

このページでは、帯状疱疹の神経ブロックを経験された方の体験談を掲載しています。
とにかく本人の辛い痛みを止めることが優先でした。ロキソニンやボルタレンなどの急性的な痛みに効く薬では全く効果がなかったし、帯状疱疹の症状は治まっているので皮膚科を受診しても対処されないと考え、近くで評判の麻酔科を受診しました。やはり慢性的な痛みに変っているということで、帯状疱疹の後遺症の治療に最適と判断したためです。 (40代男性)」や「帯状疱疹の皮膚症状が消えた後にも、痛みがあり仕事や介護に支障が出ていたので治療を受けました。 (40代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-6件目を表示/全6件

神経ブロックとは

痛みの原因となっている部位に、局所麻酔薬を注射します。交感神経の働きを抑えることで血管を拡張させ、痛みの原因物質を流します。また、知覚神経の働きを抑えて痛みをやわらげる作用もあります。痛みによって緊張している筋肉がほぐれると血流がよくなり、原因物質が流れるというよい循環が生じます。多くはペインクリニックで行われる治療であり、注射をする部位によって薬の種類が分かれます。
■星状神経節ブロック:首にある星状神経節に対して注射を行います。首、頭、肩、腕の血流を増加させ、痛みをやわらげる効果があります。
■硬膜外ブロック:首よりも下に痛みがある場合に背中から注射を行います。

神経ブロックの詳細はこちら

更新日:2016年12月01日

神経ブロック以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他に経験した治療法から体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

帯状疱疹の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす