あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

帯状疱疹の神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)の体験談

帯状疱疹の「神経性疼痛緩和薬」に関する体験談をまとめています

このページでは、帯状疱疹の神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)を経験された方の体験談を掲載しています。
皮膚科の先生がとりあえず投薬で様子をみましょうと言ってくださいました。これ以上広がるようであれば来院して入院を考えましょうと言われましたが、投薬が良かったので入院する事も無く後も残らず直りました。 (40代女性)」や「帯状疱疹が水疱瘡の菌だということを始めて知り、驚きましたがその薬にビタミン剤がでたことも印象に残りました。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。

1-12件目を表示/全12件

神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)とは

比較的新しい薬であり、皮膚症状が治癒した後に生じる神経性の痛みに効果があります。疼痛は、神経細胞の中にカルシウムが入りこみ、痛みを引きおこす神経伝達物質を過剰に放出させることによって生じます。神経性疼痛緩和薬はカルシウムが神経細胞に入ることを阻害し、神経伝達物質の放出を抑え、疼痛を鎮めます。

神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)の詳細はこちら

更新日:2017年01月06日

神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

帯状疱疹の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす