あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

帯状疱疹の体験談

徐々に痛みは軽減したものの、たまに痛む箇所が残っている。

患者との関係:本人患者:30代男性治療時期:2015年2月

帯状疱疹とは

みずぼうそうウイルスによって、発疹がでる病気です。 発疹の前に痛みだし、数日後に帯状の赤い斑点があらわれ水疱に変わります。水疱は2週間程度で破れてかさぶたに変わり、皮膚症状はやわらいでいきます。

帯状疱疹の症状

満足度

激痛から少しずつ解放されたので良かったが、1日に4回の内服というように、一日の内服量が多かった為、胃も痛くなり大変だった。

副作用

病気と症状について

赤い発疹が出てきてかゆみが2、3日続いた後、徐々にピリピリした痛みが出た。
発疹がどんどん広がってきた為、診察した。
医者は見た途端帯状疱疹だと教えてくれた。

参考:帯状疱疹にかかった他の人の症状は...?

脇の下に激痛が走りました。尖った鉛筆を刺されたような痛みでし...

(続きを読む)

子どもが背中がかゆいと言ったのが、始まりでした。背中を見てみ...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

帯状疱疹にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)を選んだか

痛みを早く抑え込む為

参考:他の人が神経性疼痛緩和薬を選んだ理由は...?

アレルギー体質であることもあり、医師と相談し一番効果があり身...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

帯状疱疹が水疱瘡の菌だということを始めて知り驚きましたが、そ...

(続きを読む)

他の人が神経性疼痛緩和薬を選んだ理由をもっと読む

神経性疼痛緩和薬とは

比較的新しい薬であり、皮膚症状が治癒した後に生じる神経性の痛みに効果があります。疼痛は、神経細胞の中にカルシウムが入りこみ、痛みを引きおこす神経伝達物質を過剰に放出させることによって生じます。神経性疼痛緩和薬はカルシウムが神経細胞に入ることを阻害し、神経伝達物質の放出を抑え、疼痛を鎮めます。

「神経性疼痛緩和薬」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

医師の決定

神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)の効果について

徐々に痛みは軽減したものの、たまに痛む箇所が残っている。

参考:他の人が感じた神経性疼痛緩和薬の効果は...?

薬の服用を開始し、同時に軟膏の塗布も始めました。残念ながら1...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

薬を飲んですぐに、痛みは収まり3日後には腫れもひきました。 ...

(続きを読む)

他の人が感じた神経性疼痛緩和薬の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

治療期間:3か月

治療に関する費用

薬剤1万円

副作用について

胃痛、一か月後くらい

参考:他の人が感じた神経性疼痛緩和薬の副作用は...?

副作用なし...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

何もなかった...

(続きを読む)

他の人が感じた神経性疼痛緩和薬の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

皮膚科

帯状疱疹を患っている方へのアドバイス

早期に治療を開始することが大切です。
痛みが酷かったので内服薬が多かったですが、胃薬が必須だと思いました。

参考:帯状疱疹を経験した他の人のアドバイスは...?

帯状疱疹は繰り返すことがあると言われました。激痛が走ったら、...

(続きを読む)

子どもが帯状疱疹になることは、あまり多くない気がします。帯状...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

帯状疱疹を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年11月27日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

帯状疱疹の体験談をもっとさがす

神経性疼痛緩和薬(解熱鎮痛薬、非ステロイド抗炎症薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす