あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

神経ブロック帯状疱疹

概要

痛みの原因となっている部位に、局所麻酔薬を注射します。交感神経の働きを抑えることで血管を拡張させ、痛みの原因物質を流します。また、知覚神経の働きを抑えて痛みをやわらげる作用もあります。痛みによって緊張している筋肉がほぐれると血流がよくなり、原因物質が流れるというよい循環が生じます。多くはペインクリニックで行われる治療であり、注射をする部位によって薬の種類が分かれます。
星状神経節ブロック:首にある星状神経節に対して注射を行います。首、頭、肩、腕の血流を増加させ、痛みをやわらげる効果があります。
硬膜外ブロック:首よりも下に痛みがある場合に背中から注射を行います。

適用される患者

痛みの強い方

麻酔薬にアレルギーがある方は適応をさけましょう。

留意すべきこと

短時間作用型β2刺激薬はあくまで発作を抑えるためのものであり、原因となる気道過敏性の改善やピークフローの変動をコントロールする効果はありません。また、過剰な使用はかえって気道の過敏性を高め、症状を悪化させてしまうことがあります。

副作用と対策

声がれ

声がかすれたり、のどがしびれて話しづらい状態になります。

一般的に症状は自然に回復しますが、継続する場合は、医師に相談しましょう。一般的には耳鼻科で治療を行うとされています。

出血、気胸

神経が血管近くを走行している場合には、出血をおこしたり、肺に針があたった場合は肺から空気がもれ息苦しさを感じるなどの症状があらわれることがあります。

専門医による使用であれば、発生確率は低いとされますが、気になる症状がある場合、医師に相談するようにしましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

一般的な所要時間

症状が続く間は使用を継続します。

更新日:2015年07月06日

参照元:(皮膚科Q&Aヘルペスと帯状疱疹日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html(閲覧日:2015年3月24日),小児科帯状疱疹:疫学・メカニズム・治療・予防金原出版2014年1401-1406p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

神経ブロック治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

神経ブロックの体験談

治療法ごとに体験談をさがす

神経ブロックについてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。