あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

亜鉛華軟膏(皮膚潰瘍治療薬)帯状疱疹

概要

皮膚を保護し炎症を抑える働きがある薬です。
かき壊しなどで液がでている部位には水分の吸収にすぐれた亜鉛華軟膏を、乾燥している部位には亜鉛華単軟膏を使用します。

適用される患者

皮膚に炎症が出ている方

重く、広い範囲に生じた熱傷への適応はさけましょう。

他の治療法に比べての優位性

強い副作用がありません。

留意すべきこと

匂いがきつく、拭き取りづらいという難点があります。亜鉛華軟膏は過剰な乾燥を招きやすいため、亜鉛華単軟膏との使い分けに注意が必要です。

副作用と対策

かゆみ

肌が赤くなる、かゆくなるという症状があらわれることがあります。

亜鉛華軟膏を使用し、あまりにかゆみが強いようであれば、亜鉛華単軟膏に変更します。

乾燥

塗布した箇所が乾燥することがあります。

乾燥している部分には、亜鉛華軟膏を使用しないようにしましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2016年10月26日

参照元:(皮膚科Q&Aヘルペスと帯状疱疹日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html(閲覧日:2015年3月24日),小児科帯状疱疹:疫学・メカニズム・治療・予防金原出版2014年1401-1406p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

亜鉛華軟膏治療について、実際に質問してみる

アンケートにご協力ください

病気になって、食事で「不便」に感じることを教えてください
病気になって、食事で「不便」に感じることを教えてください
ありがとうございました

体験談をさがす

亜鉛華軟膏(皮膚潰瘍治療薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

亜鉛華軟膏についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。