あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

抗ヒスタミン薬帯状疱疹

概要

ヒスタミンの作用を抑制し、かゆみを抑えます。抗ヒスタミン剤には第一世代、第二世代という分類があり、第二世代は第一世代にくらべ眠気などの副作用がおこりにくいというメリットがある一方、他の薬との相互作用がみられる場合があります。

適用される患者

皮膚症状がかゆみをともなう方

妊娠中または妊娠している可能性のある方は適応をさけましょう。

実際に治療を受けた方が選択した理由

先生の言う問診がかなり現状および過去とも一致しており薬を飲めば治ると言われたので

30代男性の家族(この人の治療体験)

留意すべきこと

アルコール、睡眠薬、向精神薬などと併用すると、めまい、倦怠感、脱力などがあらわれます。

実際に感じた効果

薬を飲んでからはすこしへったかもしれません

30代男性の家族(この人の治療体験)

副作用と対策

抗コリン作用

便秘、口渇、胃部不快感などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は医師に相談しましょう。同じ作用を持つ薬の中でも抗コリン作用の出方には差があるため、薬の変更を検討することがあります。

眠気

眠気やだるさ、めまい、ふらつき、運動機能への影響があらわれることがあります。

車の運転や機械の操作は控えましょう。医師と相談した上で、あまりにも眠気がある場合には、眠気のでにくい薬に変えることもあります。副作用による症状そのものは薬の減量、中止によって回復するといわれています。

消化器障害

吐き気、下痢、食欲不振などの消化器症状があらわれることがあります。

腹部をあたためたり消化のいいものを食べるようにしましょう。消化管に負担をかける食物繊維が多いものや炭酸、刺激物、生野菜、脂肪分、乳製品をさけるようにして、気にな症状があらわれた場合は医師に相談するようにしましょう。また、下痢止めなどにより対処したり、副作用の重症度によっては、絶食したり、脱水症状を防ぐための生理食塩水などを点滴することがあります。 薬との相互作用をみながら症状に応じた治療を行うため、副作用のリスクと薬の効果を考え、症状が軽度の場合は、効果を重視して継続する場合もあります。

肝機能障害

薬の代謝時に肝臓に負担がかかることで肝機能が低下し、吐き気、嘔吐、腹痛、全身倦怠感、食欲不振、黄疸などの症状があらわれることがあります。

症状があらわれた場合はすぐ医師に報告しましょう。投薬の中止や食事療法によって対処し、軽度場合は徐々に回復しますが中等度以上のものは入院した上で治療を行います。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

ありません

30代男性の家族(この人の治療体験)

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

薬剤:1,500円(1ヶ月分)

30代男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2015年07月06日

参照元:(皮膚科Q&Aヘルペスと帯状疱疹日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html(閲覧日:2015年3月24日),小児科帯状疱疹:疫学・メカニズム・治療・予防金原出版2014年1401-1406p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

抗ヒスタミン薬治療について、実際に質問してみる