あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

抗ヘルペスウイルス薬帯状疱疹

概要

帯状疱疹はウイルス性の感染症であるため、抗ウイルス剤により対処をします。早期であればあるほど効果があります。もっとも一般的な薬は“ファムビル”ですが、免疫不全の方には“ゾビラックス”などを点滴で投与します。効果が出るまでに2日程度かかる薬もあります。

適用される患者

すべての帯状疱疹の方

他の治療法に比べての優位性

一般的に多く用いられる治療法です。

留意すべきこと

腎機能障害のある方は、間隔をあけ薬を使用します。7日使用し症状がやわらがない場合は薬を変更します。

副作用と対策

急性腎不全

薬の作用により急速に腎機能が低下し、尿を出しづらい、尿量が減る、むくみ、血圧上昇などの症状があらわれることがあります。

高齢の方、もともと腎機能が低下している方、脱水や発熱している方は副作用をおこしやすい状況にあります。治療する前にからだの状態を確認しましょう。定期的な検査を行い腎臓の機能を確認し、異常がみられた場合には、治療方針を検討することもあります。

精神症状

いらいら、妄想、幻覚、不眠などの精神症状があらわれることもあります。

薬の減量により、症状が改善する場合もありますが、効果がみられない場合は、リチウムセロトニン再取り込み阻害薬による薬物療法を行う場合もあります。

感染症

免疫力が下がり、感染症などにかかりやすくなります。

菌を遠ざけるために、手洗いやうがいの徹底、マスクの着用、歯磨きを毎食後に行うようにしましょう。家族からも病気がうつりやすいため、家族も体調に気をつける必要があります。ペットは雑菌をもっている可能性があるので、接触を避けることも大切です。体力温存のために入浴時間は短く、場合によってはシャワーのみにしましょう。食べのものは消化のよいものを食べ、口の中に傷を作らないように、熱いものや、魚の骨などのとがったものに気をつけましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

一般的な所要時間

※現在調査中です

更新日:2016年10月26日

参照元:(皮膚科Q&Aヘルペスと帯状疱疹日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html(閲覧日:2015年3月24日),小児科帯状疱疹:疫学・メカニズム・治療・予防金原出版2014年1401-1406p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

抗ヘルペスウイルス薬治療について、実際に質問してみる

アンケートにご協力ください

病気になって、食事で「不便」に感じることを教えてください
病気になって、食事で「不便」に感じることを教えてください
ありがとうございました

体験談をさがす

抗ヘルペスウイルス薬の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

抗ヘルペスウイルス薬についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。