あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

帯状疱疹の治療法

治療法選択のポイント

  • 藥物治療が第一となります
  • 血流をよくすることでも痛みの原因物資を取り除くことができます
  • 早期の治療により、後遺症である帯状疱疹後神経痛の発症率も低下させることができます
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    すべての帯状疱疹の方
    優位性:
    一般的に多く用いられる治療法です。
    概要:
    帯状疱疹はウイルス性の感染症であるため、抗ウイルス剤により対処をします。早期であればあるほど効果があります。もっとも一般的な薬は“ファムビル”ですが、免疫不全の方には“ゾビラックス”などを点滴で...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    帯状疱疹の皮膚症状がでている方
    優位性:
    ステロイドに比べ副作用が少ないとされています。
    概要:
    初期にあらわれる痛みやかゆみを抑えるために使用します。アスピリンは重症の脳症や肝障害を誘発する可能性がありますので、使用しないとされています。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    かゆみや炎症のある方
    優位性:
    強力な抗炎症作用があります。
    概要:
    ステロイドは免疫力を下げてしまう可能性があるため、積極的には使用されていません。しかし、強力な抗炎症作用があり、病状によっては抗ウイルス薬と一緒に使用される場合もあります。
    詳しく見る
  • 更新日:2015年07月06日

    適用対象:
    皮膚症状がかゆみをともなう方
    概要:
    ヒスタミンの作用を抑制し、かゆみを抑えます。抗ヒスタミン剤には第一世代、第二世代という分類があり、第二世代は第一世代にくらべ眠気などの副作用がおこりにくいというメリットがある一方、他の薬との相互...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    神経性疼痛がある方
    概要:
    比較的新しい薬であり、皮膚症状が治癒した後に生じる神経性の痛みに効果があります。疼痛は、神経細胞の中にカルシウムが入りこみ、痛みを引きおこす神経伝達物質を過剰に放出させることによって生じます。神...
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    痛みのある方
    優位性:
    古くから使われているものです。
    概要:
    鎮痛補助薬として使用します。脳への疼痛信号を抑えることで、疼痛がおさまると考えられています。
    詳しく見る
  • 更新日:2015年07月06日

    適用対象:
    痛みのある方
    概要:
    帯状疱疹後神経痛の治療薬として使用します。
    詳しく見る
  • 更新日:2016年10月26日

    適用対象:
    皮膚に炎症が出ている方
    優位性:
    強い副作用がありません。
    概要:
    皮膚を保護し炎症を抑える働きがある薬です。 かき壊しなどで液がでている部位には水分の吸収にすぐれた亜鉛華軟膏を、乾燥している部位には亜鉛華単軟膏を使用します。
    詳しく見る
  • 更新日:2015年07月06日

    適用対象:
    痛みの強い方
    概要:
    痛みの原因となっている部位に、局所麻酔薬を注射します。交感神経の働きを抑えることで血管を拡張させ、痛みの原因物質を流します。また、知覚神経の働きを抑えて痛みをやわらげる作用もあります。痛みによっ...
    詳しく見る

参照元:(皮膚科Q&Aヘルペスと帯状疱疹日本皮膚科学会https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q01.html(閲覧日:2015年3月24日),小児科帯状疱疹:疫学・メカニズム・治療・予防金原出版2014年1401-1406p,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

帯状疱疹についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。