あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

統合失調症で「ブロモクリプチン」による治療を受けた方からのアドバイス

更新日:2016年03月22日

このページでは、統合失調症にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気やブロモクリプチンを受ける際のアドバイスをまとめています。

1-2件目を表示/全2件
  • 処方された薬は欠かさず飲むようにしましょう。 異常行動があった場合、家族と和解しましょう。(私も父には謝りました) この病気の薬にはいろんな副作用が出ることがあります。なにかおかしい事があったらかかりつけの医師に相談しましょう。 根気よく治していきましょう。本人も家族も、あせらず、ゆっくり、あたたかく見守りましょう。 寝てばかりの生活になることがありますが、エネルギーを充電しているんだと考えて優しく接しましょう。厳しく怒るのは良くありません。 「ろくに仕事もしないで」「同じ年齢の人はみんな学校や仕事に行っているのに」などはNGワードです。本人のペースに合わせ、ゆっくり回復を待ちましょう。
  • 私は統合失調症という病名に辿りつくまでに10年もの歳月を要しました。 他の病名がついた方でも実は違うかもしれない・・病院の医師だけでなく、今は患者もあらゆる知識が必要なのではないかと感じた10年でした。 注意点は、統合失調症に限らずですが、薬物療法ですとどうしても副作用がついてまわります。 辛いからと自己判断で急にやめたりすることのないようにして下さい。 離脱症状も急にやめるとかなり辛いです。

もっと読む