あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)統合失調症

概要

プロラクチンという成長ホルモンの分泌をおさえ、抗精神病薬でみられる副作用「高プロラクチン血症」の症状である月経以上、乳房の女性化などを改善します。

他の治療法に比べての優位性

通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

新しい薬ですし、効きそうでしたし、飲むのが簡単(甘くて、口の中ですぐ溶ける)だったからです。
薬物療法で一番効果を実感できた為

留意すべきこと

著しい血圧下降、前兆のない突発的睡眠、傾眠などの症状があらわれることがあるため、自動車の運転や危険をともなう行動が行わないようにしましょう。
アルコールを摂取すると作用を強めることがあるため注意が必要です。

実際に感じた効果

入院し、薬を飲み始めてからは「記憶がなくなる」というのが少なくなった気がします。 異常行動も無くなっていき、退院する頃にはすっかり自我を取り戻しました。 薬さえ飲んでいれば普通に過ごせるので、近所のサークル活動に入ったり、入院から1年後には簡単な仕事も始めることができるようになっていきました。
気圧の変化や疲労によって具合の悪さが強く出たりしていたのが、そういったことに左右されることが少なくなりました。 最初はエビリファイ3mgから始めて、効果が出ている為6mgになりましたがジッとしていられなくなってきているので、次回は同じ効果が得られる注射に変わるのではと予想しています。

副作用と対策

吐き気

消化器系へ影響をおよぼし、食欲の低下や吐き気をもよおします。

自己判断で服用を中止すると発作をおこすことがありますので症状が続くときや重いときは医師に報告しましょう。

便秘

腸の動きが鈍くなり、便秘になることがあります。

十分な水分を摂取するよう心がけましょう。症状が続く場合は薬の変更が検討されます。

消化器障害

吐き気や嘔吐、食欲不振、胃のあたりの不快感、腹痛などがおこることがあります。

自己判断で服用を中止すると発作をおこすことがありますので症状が続くときや重いときは医師に報告しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

薬を飲み始めてから数カ月後に、手が震える、歩行がおぼつかない、勝手に頭を振る動作が出る、視線が定まらないという症状が出ました。 医師の指示による薬の調節で、1日程度で治まりました。
吐き気・眠気・じっとしていられない

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

一か月で約3千円くらいです。保険が効くようで安くなっています。
診察代:3000~4000円 薬代:5000円~6000円 通常だとかかっていたように思いますが、精神医療の自立支援を申請してからは診察代・薬代が1割負担になったので助かりました。

一般的な所要時間

服用期間:統合失調症に対する薬の効果は個人差が大きいため、処方された量や服用期間をしっかりまもりましょう。

適用される患者

抗精神病薬の副作用により、高プロラクチン血症などの症状があらわれた方

以下の方は適応をさけましょう。
この薬に対してアレルギー症状が出た方、妊娠高血圧症候群、産褥期高血圧、心臓弁尖肥厚、心臓弁可動制限のある方、妊娠または授乳中

更新日:2017年09月05日

参照元:(日本精神神経学会HPhttps://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=79(閲覧日:2017年9月4日),厚生労働省みんなのメンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html(閲覧日:2017年9月4日),統合失調症薬物治療ガイドライン日本神経精神薬理学会医学書院http://www.asas.or.jp/jsnp/csrinfo/03.html(閲覧日:2017年9月4日),国立精神神経医療研究センターhttp://www.ncnp.go.jp/hospital/edics/cure.html(閲覧日:2017年9月4日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年9月4日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

ブロモクリプチン以外の治療法をさがす

ベンゾジアゼピン系抗不安薬作業療法社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)認知行動療法(精神療法)修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ベンゾジアミン系睡眠薬リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)精神療法

ブロモクリプチンと他の治療法を比較してみる

ブロモクリプチン × ベンゾジアゼピン系抗不安薬ブロモクリプチン × 作業療法ブロモクリプチン × 社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)ブロモクリプチン × ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)ブロモクリプチン × アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)ブロモクリプチン × 抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)ブロモクリプチン × 認知行動療法(精神療法)ブロモクリプチン × 修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)ブロモクリプチン × クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロモクリプチン × オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロモクリプチン × ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)ブロモクリプチン × クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロモクリプチン × ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ブロモクリプチン × ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロモクリプチン × アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)ブロモクリプチン × ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)ブロモクリプチン × パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ブロモクリプチン × トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)ブロモクリプチン × プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)ブロモクリプチン × ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ブロモクリプチン × ベンゾジアミン系睡眠薬ブロモクリプチン × リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ブロモクリプチン × 精神療法

体験談をさがす

ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす