あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

作業療法統合失調症

概要

医師や作業療法士の指導のもと、同じ病気を抱える方々と一緒に園芸や手芸、木工などの作業を行うことで楽しさや達成感などを体験し、身体運動機能や精神機能の向上、日常生活の回復を目指します。リハビリテーションのひとつです。

他の治療法に比べての優位性

作業療法は社会復帰を促す意味でも大切な治療法のひとつとされています。 作業内容には、レクレーション性の高いものからパソコンなどを使用し将来の就労を目指したものまで様々なものがあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

その後、発達障害と診断され、通っていた病院でデイケアを行っていることを知り、興味があったので参加した。
入院中が退屈だったのと薬の副作用で足のしびれがずっと気になっていました。 それを紛らわせたかったので、その時にぴったりだったのが、作業療法の編み物でした。 しかも一度経験してみたかった事なので、普通に楽しめたのが良かったです。
他人とのコミュニケーションが少なくなってしまっていたため、集団作業療法で「人馴れ」をしたかったからです。

留意すべきこと

統合失調症の治療は他の薬物療法や精神療法の組み合わせが重要とされます。
作業療法は必ずしも病院で実施されるとは限らず、デイケアや精神保健福祉センター、保健所といった地域の施設で実施される場合もあります。
この療法自体がプレッシャーにならないように、無理をせず除々に行っていきましょう。

実際に感じた効果

2012年3月入院中、まだ妄想があった時→初めて作業療法士さんに会う。 2012年3月入院中、だいぶ落ち着いて我に帰った時→作業療法を始める。 2012年3月4月、作業療法が生き甲斐になる。 2012年5月11月、自宅から病院に通い、作業療法を行う。外に出るきっかけになった。
デイケアに参加して、就職についての情報を得ることができ、就労支援機関を通して施設に就労することができた。また、同じ病気や障害を抱える仲間と出会い、仲間から様々なことを学び、かけがえのない仲間と出会うことで、一生の思い出を作ることができた。現在は、デイケアには通っておらず、就労している。
普段の生活に戻す事や退院を目標にやっていたので、日常生活のスケジュールを組んだりしました。徐々に退院する事をイメージ出来ました。

実際に感じた副作用

薬を飲み続けていると勃起不全や、朝起きても眠たくはないんだが午前中は頭がぼーっとしている、夜いつもの時間に寝ても次の日起きたら夕方だった…等の多眠等もあるそうです。それが嫌で薬を抜いてみたら(本当は抜いてはダメです)彼いわく「こびとさん」がいつもの光景に混じって歩いていると幻覚が見えたそうです。副作用とは言いきれませんが、精神科で処方されるお薬には急に止めると本来の症状より酷い副作用が出る薬もあるそうなので一応記載致しました。

費用

数100〜3,000円程度

実際にかかった費用

入院費などの支払いは全て親がしていたので、内訳を知りませんが、週に2~3回のレクリエーションを毎回参加していました。
デイケア(精神リハビリ)費用: 1回の参加で470円です。ただし横浜市の医療補助支援により、月額上限が5000円に定められています。つまり、一ヶ月に5000以上はかかりませんでした。
入院:25.000円(1ヵ月分) 薬剤:用量がたびたび変わっていますが、平均的に1ヵ月3000~6000円です。

一般的な所要時間

所要時間:60分程度
期間:症状により異なります。

適用される患者

意思の疎通ができる統合失調症の方

以下の方は実施できない場合があります。
意思の疎通が高度に障害されている方

更新日:2017年09月05日

参照元:(日本精神神経学会HPhttps://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=79(閲覧日:2017年9月4日),厚生労働省みんなのメンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html(閲覧日:2017年9月4日),統合失調症薬物治療ガイドライン日本神経精神薬理学会医学書院http://www.asas.or.jp/jsnp/csrinfo/03.html(閲覧日:2017年9月4日),国立精神神経医療研究センターhttp://www.ncnp.go.jp/hospital/edics/cure.html(閲覧日:2017年9月4日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年9月4日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

作業療法以外の治療法をさがす

ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)ベンゾジアゼピン系抗不安薬社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)認知行動療法(精神療法)修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ベンゾジアミン系睡眠薬リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)精神療法

作業療法と他の治療法を比較してみる

作業療法 × ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)作業療法 × ベンゾジアゼピン系抗不安薬作業療法 × 社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)作業療法 × ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)作業療法 × アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)作業療法 × 抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)作業療法 × 認知行動療法(精神療法)作業療法 × 修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)作業療法 × クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)作業療法 × オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)作業療法 × ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)作業療法 × クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)作業療法 × ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)作業療法 × ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)作業療法 × アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)作業療法 × ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)作業療法 × パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)作業療法 × トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)作業療法 × プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)作業療法 × ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)作業療法 × ベンゾジアミン系睡眠薬作業療法 × リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)作業療法 × 精神療法

体験談をさがす

作業療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす