あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

精神療法統合失調症

概要

精神療法の範囲は広く、不安に思っていることや、困っていることを医師と話し合うカウンセリングが代表的な精神療法です。
そのほかにも同じ病気を抱える方々少人数で集まり、それぞれのこころの問題を話合い困難な状況を乗り越える集団精神療法もあります。また娯楽活動を通じてストレス発散を図るレクリエーションなどが実施される場合もあります。

他の治療法に比べての優位性

精神療法は社会復帰を促す意味でも大切な治療法のひとつとされています。 医師と行う個別的な方法と、同じ病気で悩む方々と集団で行う方法などがあります。

実際に治療を受けた方が選択した理由

とてもいい先生で、優しく話しかけてくれて、家族にもいろんな説明をしてくださいました。
本人は、精神障害を医療関係者にしか話してくれませんでした。カウンセラーからお話しを聞いて、幻聴というものにびっくりしました。

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

音楽を聞くと気分が良くなるので聞いていたのですが、自分の症状の場合は医者からはすぐやめなさいと言われました。

留意すべきこと

統合失調症の治療は薬物療法と精神療法の組み合わせが重要とされます。
症状が落ち着いても、不安感、焦燥感、抑うつ傾向、自殺願望がみられる場合があり、退院後であっても精神療法を長く継続する場合もあります。
信頼できる医師のもとで治療しましょう。

実際に感じた効果

おもに入院生活が大切だと言うことだと思いますが。普通のことが普通にでき普通に生活することや普通にご飯をたべたりふつうに休んだり普通に余暇活動をしたり普通に寝たりすることをふつうにするようになることが大切になるということかなと思います。
2015年5月飲用開始、6月初旬、くすりの副作用が強く、物を飲み込むとむせる、左の腕が回らない、ロボットのようにぎこちなく歩くなどの症状が出る。6月からインベガを半量にして、副作用止めも飲んだが、状態は同じ。7月、エビリファイ3ミリグラムに変更、白砂糖を取らない。ビタミン、野菜を増やす、カフェインレス。アロエベラジュースも、ポーレンも、同様につづけた。7月に薬を飲まないでみると、かなり楽になって、活気が出てきた。笑えるようになった。9月主治医から通院終了。9月下旬より、就職活動開始。初めて会った方にお話しすると、全然わからない。とても元気ですよね。などと言われる。
まず、入院をして薬の調節、医師のカウンセリング、簡単な作業をしていきます。 最初のうちは、症状はあまり変わらず幻聴が病院でも聞こえるのが続きます。薬の調節をするので、副作用が出てきます。 薬が合ってくるとだんだんと幻聴が無くなってきます。 現在でも薬を飲んでいますが、治っています。

実際に感じた副作用

処方薬で水を飲み込むとむせる。体が硬くて、特に左手の廻旋ができなくなる。歩行がロボットのようになる。笑うことができない。(顔の筋肉が硬い。)強い眠気、毎食後3時間。不眠。
入院1年目ぐらいから極度の抑うつ状態で寝たきりになり、起き上がらないので足腰が弱り這って移動するほどになった。

40代女性の家族(この人の治療体験)

費用

数100〜3,000円程度

実際にかかった費用

診察は自立支援を申請しているので、1カ月2500円以上はかかりません。薬は別で、1カ月2000位です。

40代男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

所要時間:60分程度
期間:症状により異なります。

適用される患者

全ての統合失調症の方

以下の方は実施できない場合があります。
意思の疎通が高度に障害されている方

更新日:2017年09月05日

参照元:(日本精神神経学会HPhttps://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=79(閲覧日:2017年9月4日),厚生労働省みんなのメンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html(閲覧日:2017年9月4日),統合失調症薬物治療ガイドライン日本神経精神薬理学会医学書院http://www.asas.or.jp/jsnp/csrinfo/03.html(閲覧日:2017年9月4日),国立精神神経医療研究センターhttp://www.ncnp.go.jp/hospital/edics/cure.html(閲覧日:2017年9月4日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年9月4日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

他の治療法をさがす

精神療法以外の治療法をさがす

ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)ベンゾジアゼピン系抗不安薬作業療法社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)認知行動療法(精神療法)修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)ベンゾジアミン系睡眠薬リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)

精神療法と他の治療法を比較してみる

精神療法 × ブロモクリプチン(パーキンソン病治療薬、ドパミン受容体刺激薬)精神療法 × ベンゾジアゼピン系抗不安薬精神療法 × 作業療法精神療法 × 社会生活技能訓練(SST、ソーシャルスキルトレーニング)精神療法 × ハロペリドール(第一世代抗精神薬、定型抗精神薬、プチロフェノン、系抗精神病薬)精神療法 × アリピプラゾール(第二世代抗精神病薬 、第三世代抗精神病薬 、非定型抗精神病薬、ドパミン部分作動薬、DPA)精神療法 × 抗てんかん薬(抗精神病薬、気分安定薬)精神療法 × 認知行動療法(精神療法)精神療法 × 修正型電気けいれん療法(ECT、電気けいれん療法)精神療法 × クロザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)精神療法 × オランザピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)精神療法 × ラモトリギン(抗てんかん薬、新世代薬)精神療法 × クエチアピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)精神療法 × ブロナンセリン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)精神療法 × ゾテピン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、多元受容体作用抗精神病薬、MARTA)精神療法 × アマンタジン(パーキンソン治療薬、ドパミン遊離促進薬)精神療法 × ビペリデン(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)精神療法 × パリペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)精神療法 × トリヘキシフェニジル(パーキンソン治療薬、抗コリン薬)精神療法 × プロメタジン(抗アレルギー薬、H1受容体拮抗薬、フェノチアジン系)精神療法 × ペロスピロン(第二世代抗精神病薬、非定型抗精神病薬、セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)精神療法 × ベンゾジアミン系睡眠薬精神療法 × リスペリドン(第二世代抗精神病薬 非定型抗精神病薬、 セロトニン・ドパミン遮断薬、SDA)

体験談をさがす

精神療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす