あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

統合失調症の治療法

治療法選択のポイント

  • 第二世代抗精神病薬(非定型抗精神病薬)が第一選択です。付随した症状を改善するために、睡眠薬や気分安定薬、パーキンソン治療薬などを服用することもあります
  • 薬物療法と同時に精神療法を行うことで、社会生活への回復を目指しやすくなります
  • 長期間、精神障害により社会生活や日常生活に制約がある場合は、精神障害者保健福祉手帳を受けられることがあります。また治療費の一部を公的に支援する制度もあります
  • 適用対象:
    統合失調症の再発(再燃)の方、維持期の方
    優位性:
    治療薬の即効性や効果を出すために筋肉注射(デポ剤)として使用できる薬のひとつとされます。また筋肉注射以外にも静脈注射としての使用も可能なくすりとされます。静脈注射は筋肉注射よりも作用がつよいといわれる投薬方法です。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質のバランスを整えて、強い不安や緊張感、意欲の低下を改善し、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。また抑えることが難しい興奮状...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や再発(再燃)の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    統合失調症だけでなく、強い不安感、緊張感、興奮、混乱、パニック、抑うつ、そう状態といった多様な精神症状に対しても応用される薬です。 薬の形状もさまざまなタイプのものが開発されていて、錠剤や細粒剤、水なしで飲める口腔内崩壊錠などがあり、生活状況に応じて薬の形状を選ぶこともできます。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質のバランスを整えて、不安、緊張などの症状を抑え、気持ちを落ち着かせて気力や関心のもてない状態を改善させます。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の再発(再燃)の方や維持期の方
    優位性:
    治療薬の即効性や効果を出すために筋肉注射として使用できる薬のひとつです。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質のバランスを整えて、幻覚や妄想などの症状を抑え、気持ちを落ち着かせて気力や関心のもてない状態を改善させます。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬の副作用により、高プロラクチン血症などの症状があらわれた方
    優位性:
    通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。
    概要:
    プロラクチンという成長ホルモンの分泌をおさえ、抗精神病薬でみられる副作用「高プロラクチン血症」の症状である月経以上、乳房の女性化などを改善します。
    詳しく見る
  • 更新日:2017年09月05日

    適用対象:
    統合失調症にともなう不安症状が強い方
    優位性:
    比較的安全性があり、依存性の心配も低い薬とされます。作用の強いものから弱いものまで、作用時間も異なるため、症状にあわせた薬を選ぶことで依存性などの心配も少なくなります。 エチゾラムは筋肉をゆるめる作用、抗うつ作用もあるといわれ、うつ症状をともなうときにも適しているとされています。 アルプラゾラムも抗うつ作用もあるといわれ、うつ症状をともなうときにも適しているとされるほか、パニック障害や強迫神経症にも応用する場合があります。
    概要:
    気分をリラックスさせる薬です。不安や緊張感をやわらげる効果や、寝つきをよくする効果があるとされます。統合失調症の症状として不安症状がつよい場合や、睡眠のリズムが崩れている場合に使用が検討される場...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症にともなう気分障害がある方
    優位性:
    統合失調症により、気分障害がみられる場合に併用することで、治療の継続が安定する場合があるとされています。
    概要:
    てんかんの発作の薬として用いられるほか、躁病の治療にも使用されます。興奮やイライラを抑える効果があり、統合失調症でも気分が不安定な状態が強い場合には使用が検討されることがあります。 主に、気分...
    詳しく見る
  • 更新日:2017年09月05日

    適用対象:
    全ての統合失調症の方
    優位性:
    精神療法は社会復帰を促す意味でも大切な治療法のひとつとされています。 医師と行う個別的な方法と、同じ病気で悩む方々と集団で行う方法などがあります。
    概要:
    精神療法の範囲は広く、不安に思っていることや、困っていることを医師と話し合うカウンセリングが代表的な精神療法です。 そのほかにも同じ病気を抱える方々少人数で集まり、それぞれのこころの問題を話合...
    詳しく見る
  • 更新日:2017年09月05日

    適用対象:
    意思の疎通ができる統合失調症の方
    優位性:
    作業療法は社会復帰を促す意味でも大切な治療法のひとつとされています。 作業内容には、レクレーション性の高いものからパソコンなどを使用し将来の就労を目指したものまで様々なものがあります。
    概要:
    医師や作業療法士の指導のもと、同じ病気を抱える方々と一緒に園芸や手芸、木工などの作業を行うことで楽しさや達成感などを体験し、身体運動機能や精神機能の向上、日常生活の回復を目指します。リハビリテー...
    詳しく見る
  • 更新日:2017年09月05日

    適用対象:
    意思の疎通ができる統合失調症の方
    優位性:
    認知行動療法を通じて、幻覚や妄想の内容、それに関連した思考や感情を自分で捉えなおすことや、幻聴に対して影響されない対処方法を身につけるなどして、症状の改善を目指すことができます。
    概要:
    物事に関する捉え方の傾向を自分で把握し、物事の捉え方を変えていく手法です。統合失調症の場合は、主に妄想的信念や幻聴にかかわる症状に対して行われます。 認知行動療法は医師と1対1で取り組む場合や...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症により興奮状態がみられる方、薬物療法の効果が不十分な方、自傷や他害の危険が切迫している状態にある方、薬物の副作用があり薬物療法ができない方
    優位性:
    興奮、抑うつ症状などに対して即効性が期待できるといわれています。
    概要:
    麻酔をかけた状態で、こめかみにつけた電極を通して頭部に通電する治療法です。 頭部に電気を通すことにより人工的にけいれん発作をおこします。この処置により、精神症状の改善を図る治療法です。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    意思の疎通ができる統合失調症の方
    優位性:
    社会生活上の問題解決などに取り組むことで、症状の改善だけでなく、再発防止にも効果があるといわれています。
    概要:
    対人関係や自信の回復、ストレスへの対処や解決など、生活に必要なスキルを身につけるために認知行動療法に基づいたリハビリテーションを行います。 具体的には、日常よく生じる場面を想定し台本に基づいて...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や維持期の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    海外で広く使用されている薬で、一定の治療効果が認められている薬です。 他の抗精神病薬で治療効果が得られにくい治療抵抗性統合失調症に対しても効果が期待できるとされます。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内にあるドパミン神経系とよばれる部分の過剰な活動を抑制し、幻覚、妄想、興奮症状などをおさえ、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。 また、セロトニンとよばれる脳内物質への作用もあり、...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や再発(再燃)の方、統合失調症の維持期の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    治療薬の即効性や効果を出すために筋肉注射で使用できる薬のひとつとされます。 躁うつ病や、強い不安感や緊張感など、さまざまな精神症状に応用される薬です。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質をおさえることでバランスを整え、幻覚、妄想、強い不安感、イライラなどの症状を改善し、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や維持期の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    無感情、意欲低下、自閉といった抑うつ的な症状の改善に優れているとされます。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質をおさえることでバランスを整え、強い不安感や緊張感、意欲の低下などの症状を改善し、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の再発(再燃)の方
    優位性:
    脳内への浸透性がよく、陽性症状である幻覚、妄想、興奮などの症状に一定の効果があるとされます。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質のバランスを整えて、強い不安や緊張感を和らげ、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の再発(再燃)の方
    優位性:
    第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内の情報伝達に関わるドパミンやセロトニンといった神経伝達物質のバランスを整えて、強い不安や緊張感、意欲の低下を改善し、気持ちを落ち着かせる効果があるとされています。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬を使っても十分な治療効果が得られない統合失調症の方
    優位性:
    抗精神病薬を使っても十分な治療効果が得られない統合失調症の方に対してクロザピンと併用することで、治療効果が得られる場合があるとされています。
    概要:
    主にてんかん発作の予防薬として使用される薬です。抗精神病薬に対して十分な効果がえられない場合に、クロザピンと合わせて使うことで、統合失調症の症状の改善が期待されるといわれています。
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬の副作用でパーキンソン病のような症状や筋肉が緊張したり硬直したりしてしまう急性ジストニアがあらわれた方
    優位性:
    通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。
    概要:
    パーキンソン病に使われる薬です。脳内の伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑える「抗コリン作用」により、手のふるえや体のこわばりを改善する効果があるとされています。統合失調症の薬の副作用などでパ...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬の副作用でパーキンソン病のような症状や筋肉が緊張したり硬直したりしてしまう急性ジストニアがあらわれた方
    優位性:
    通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。
    概要:
    パーキンソン病に使われる薬です。脳内の伝達物質であるアセチルコリンの働きを抑える「抗コリン作用」により、手のふるえや体のこわばりを改善する効果があるとされています。統合失調症の薬の副作用などでパ...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬の副作用でパーキンソン病のような症状や筋肉が緊張したり硬直したりしてしまう急性ジストニアがあらわれた方
    優位性:
    通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。
    概要:
    パーキンソン病に使われる薬です。脳内の神経伝達物質であるドパミンの放出や合成を促進することでドパミン量を増やし、手のふるえや体のこわばりを改善する効果があるとされています。統合失調症の薬の副作用...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    抗精神病薬の副作用でパーキンソン病のような症状や筋肉が緊張したり硬直したりしてしまう急性ジストニアがあらわれた方
    優位性:
    通常は原因となっている抗精神病薬の量を調整して副作用の様子を確認しますが、それでは症状がおさまらないときに検討することがあります。
    概要:
    アレルギー症状をおさえる薬ですが、手のふるえや体のこわばりを改善する鎮静効果が強く、ふるえや乗り物酔などに対しても使われることがあります。 統合失調症の薬の副作用などでパーキンソン病のような症...
    詳しく見る
  • 更新日:2017年09月05日

    適用対象:
    統合失調症にともなう睡眠障害がある方
    優位性:
    不眠症の症状に対して利用頻度が高いとされる薬です。睡眠薬のなかにも持続時間が長いもの、短いものなど様々なタイプがあります。寝つけない方や、夜中に何度も目が覚めてしまう方、一時的な不眠に悩む方など症状に合わせた薬を選ぶことで、翌朝に不快な症状が残る心配も少なくなります。
    概要:
    睡眠薬のひとつです。脳の興奮を静める作用があり、不安や緊張感をほぐし気分をリラックスさせる効果が期待できます。 統合失調症では不眠があらわれることがあり、続くと症状が悪化し治療の妨げにもなるた...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や維持期の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    統合失調症に使用される薬です。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内にあるドパミンに働きかけ、強い緊張感を和らげて幻覚や妄想といった陽性症状の改善するほか、セロトニンとよばれる脳内物質への作用もあり、無感情、意欲低下、自閉といった陰性症状の改善も期待できると...
    詳しく見る
  • 適用対象:
    統合失調症の初発の方や維持期の方、他の抗精神病薬で十分な効果が得られない方や副作用のある方
    優位性:
    統合失調症に使用される薬です。 第二世代抗精神病薬であるこの薬は第一世代抗精神病薬と比べると、ふるえ、こわばりといった副作用が比較的少ないとされ、再発率や副作用により治療を中止する可能性が少ないとされています。
    概要:
    脳内にあるドパミンやセロトニンに働きかけ、不安や緊張を和らげて精神の不安定な状態を抑えます。気力や関心の持てない陰性症状の改が期待できます。
    詳しく見る

参照元:(日本精神神経学会HPhttps://www.jspn.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=79(閲覧日:2017年9月4日),厚生労働省みんなのメンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html(閲覧日:2017年9月4日),統合失調症薬物治療ガイドライン日本神経精神薬理学会医学書院http://www.asas.or.jp/jsnp/csrinfo/03.html(閲覧日:2017年9月4日),国立精神神経医療研究センターhttp://www.ncnp.go.jp/hospital/edics/cure.html(閲覧日:2017年9月4日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2017年9月4日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。