あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

統合失調症

統合失調症とは

脳内の化学物質の伝達に支障がおこり、感情や思考などに障害があらわれる、精神疾患です。昔は“精神分裂病”が正式な病名でしたが、“統合失調症”へ名称が変更になりました。慢性的な病気ではありますが、治療法の進歩によって長期的かつ完全な回復が見込めるようになりました。

症状と原因

不眠や焦燥感、緊張などがおこります。

体験談

体験談を見るにあたって

通常、薬物療法と社会精神的療法の両方を行います。

【薬物療法】
攻撃性が強くない急性期の方には、非定型抗精神病薬を第一選択とし、攻撃性が強い急性期の方には、定形型抗精神病薬を第一選択とします。
うつ症状が見られる場合はSSRIなどを選択する場合もあります。また、自殺願望が強い方には電気けいれん療法が用いられることもあります。
精神病薬が治療の中心となりますが、この精神病薬は大きく定形精神病薬と非定型精神病薬の2つの種類に分けられます。
定形精神病薬は陽性症状に関連するドパミンの働きをおさえるため、陽性症状のやわらぎがみられます。
それに対し非定型精神病薬は、ドパミンの他にも陰性症状に効果があるセロトニンや認知機能などにも働きかけるので、幅広い病状に対応が可能です。
非定型精神病薬は定形精神病薬にくらべ、遅発性ジスキネジアや錐体外路症状などの副作用が少ないかわりに、体重増加や高血糖など、定形精神病薬ではあらわれなかった副作用があります。非定型精神病薬でも服用量が増えることで、遅発性ジスキネジアや錐体外路症状などの症状がでる場合があるため注意が必要です。

また急性期で攻撃性の高い症状がでている場合は、定形精神病薬でないと効果がないこともあり、状況にあわせた薬の選択が必要となります。
上記2種類の中でも薬の種類によって、特徴は異なっており、上記2種類以外の薬を使用する場合もあります。

薬物療法では適切な服用が非常に重要です。薬を飲むことをためらったために症状を悪化させてしまう例などもありますので、副作用や飲むべきタイミングを理解し、疑問があれば医師に相談や質問をして解決しましょう。
また、頻繁な薬品の変更は、抗精神薬を使用する際の代表的な副作用である錐体外路症状の原因となってしまうため、医師とよく相談して薬の選択や服用をしましょう。

【社会的精神的療法】
社会的精神療法もさまざまなものがありますが、基本となるものは支持療法といわれるものです。
支持療法とは、統合失調症の方の安心や孤独感などをやわらげることを目的とし、相手を否定せず、話を聞くものです。統合失調症の方の中には社会の中で自分を否定されることや理解されないことで、ストレスを蓄積した方が多くみられています。この支持療法を通じて、医師との信頼関係を構築します。カウンセリングは医師との相性が重要なので、しっかり相性を見極めましょう。他にもさまざまな社会的精神的治療があります。
薬物療法と同時に安定期や回復期に心理社会的療法を行うと再発率が低くなるといわれています。
病院のデイケアやNPOによる講座、就労の支援のためには地域若者サポートステーションなど、国が設置している機関を利用することで、社会復帰の助けや再発防止につながります。
統合失調症を克服したうえで社会にでている人も多くいます。上記のような機関もありますので、うまく活用してみましょう。

【入院について】
自傷、他害の恐れや現実ばなれした考え、行動がある場合、医師と良好な関係が築けていない場合に入院が検討されます。
それに加え、日常生活が自立していない場合には、家族が病気をよく理解しているかどうかや介護負担の程度、おもな介護者の意見の状況次第での入院も検討されます。
入院は本人同意が得られて入院する任意入院が理想ですが、下記のような方法で入院をする場合があります。
■医療保護入院:本人の同意が得られないが、適切な治療のために入院が必要で、保護者、扶養義務者が同意をしている場合
■措置入院:本人や家族の同意が得られないが本人が自分や他人を傷つける恐れがある場合

入院する病棟にもさまざまな種類があり、病棟からの出入りや面会が自由となっている開放病棟や施錠によって自由に出入りできない閉鎖病棟があります。
入院には、診察の頻度があがることや、薬の効果、副作用に対応して調整がしやすい、刺激をコントロールできる、自分や他人を傷つける行為をコントロールできるなどのメリットがあります。しかしあまりに入院が長いと、施設症とよばれる生活能力やコミュニケーション能力の低下、無気力や無関心が強くなってしまうこと、社会に戻る意欲をなくした状態になってしまうことなどが懸念されます。入院治療によるメリット、デメリットを把握し、適切な期間での退院を心がけましょう。

周りでサポートをしている方も看病による疲れなどから精神病をわずらう可能性があるので、十分に注意しましょう。

更新日:2017年04月11日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす

関連する病気