治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎、肩関節拘縮、四十肩)の体験談

痛みも無く、かえって気持ちが良かったです。あまりの効果に感動すら覚えました。

患者との関係:本人患者:50代女性治療時期:2016年12月
運動療法運動療法(ソフトギムニク(Gボール)を使ったJSAエクソサイズによる押圧方の運動療法)

四十肩、五十肩とは

肩関節周囲炎は明らかな原因なく発症し、肩関節の痛みと運動の障害を認める疾患群と定義されています。
肩の関節の動く範囲が狭くなる、あるいは痛みがおこるといった病気の総称です。肩関節そのものだけでなく、筋肉をはじめ周りの組織も炎症状態となるため、炎症がおきている場所や程度によってさまざまな症状があらわれます。
発症しやすい年齢が40代、50代くらいであることから、四十肩あるいは五十肩ともよばれることがありますが、30代や60~70代でも発症することがあります。
一般に片側にだけ発生し、両側に同時におこることはほとんどないといわれています。
一度治ると再発しにくいことも特徴とされます。そのため、強い肩の痛みが繰り返しおきる場合や両側の痛みが出る場合には、他の病期との鑑別が必要となります。鑑別が重要な疾患に関しては、治療選択の基準に記載します。

四十肩、五十肩の症状

満足度

どこに行っても、治療に1年かかる、とか、手術が必要とか、後遺症が残る、とか、リハビリが痛いとかばっかりでしたが、痛みがまったく無く、費用も時間もかからず、五十肩のみならず全身の凝りや緊張がほぐれるというのが良かったです。もともと、この療法はアメリカで脳性まひの方のリハビリに使われ、奇跡的な効果があったということで広まったものです。副作用も無く、薬もいらず、しかも全身に使えるというのは最高だと思います。

副作用

治療履歴

神経ブロック、物理療法、神経ブロック下受動術、薬物療法、運動療法全部同時に行っていました。

病気と症状について

2016年12月に肩の突然の痛みがあり、整形外科に受診しました。いわゆる五十肩と診断されました。神経ブロック注射をしていただくも、症状は悪化の一歩をたどり、最悪のときは日常的に常に肩に痛みがあり、夜も眠れず。腕はまったく動かず、お茶碗を持つことすら出来なくなり、腕の重さで激痛が走るため、痛いほうの腕を吊っておりました。最初にかかったお医者様からあまりにも重度の五十肩なので、サイレントマニュピレーション(麻酔下徒手的授動術)をするしか治す方法はないといわれました。ただ、肩が脱臼しやすくなるとの副作用もあるということで、セカンドオピニオンを受けました。

参考:四十肩、五十肩にかかった他の人の症状は...?

最初は右肩が挙がらず、近所の開業医を受診すると膿が溜まってい...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

左上腕、左肩が痛くて徐々に稼動域が狭くなり上がりにくくなって...

(続きを読む)

30代男性の家族(この人の治療体験)

四十肩、五十肩にかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ運動療法を選んだか

このソフトギムニクを使った運動療法を始めるまでは、サイレントマニュピレーションをするほどではなくなったとはいえ、それでも一般の運動療法のリハビリによる回復は遅々としたものでした。
しかし、ソフトギムニク(Gボール)を使ったJSAエクソサイズを使った運動療法に取り組んだところ、わずか2回で殆ど動かなかった五十肩が完治しました。しかも、痛みも無く、かえって気持ちが良かったです。あまりの効果に感動すら覚えました。

参考:他の人が運動療法を選んだ理由は...?

肩が痛いからといって動かさないままにしていると固まってしまっ...

(続きを読む)

他の人が運動療法を選んだ理由をもっと読む

運動療法とは

運動療法は肩関節周囲炎の保存療法の中でも必ずといってよいほど行われる治療のひとつです。通常は医師の指示のもと、理学療法士などのリハビリテーション専門士によって実施されます。
筋力トレーニングなどによる筋力アップや、肩関節を動かすことで筋肉や靭帯といった肩周辺の組織の柔軟性を高めます。関節を動かさないことで、肩関節の組織が固くなることを防いだり、肩周辺の筋肉が萎縮を引きおこし、症状を深刻化させないことが目的です。また手術の後に行われることもあります。
運動療法では、日常生活の改善も重要とされています。肩関節周囲炎は普段の生活とも関係があるといわれます。長時間の肉体労働、不自然な動作などを改善する、寝ているときの姿勢などに工夫をするなどといった、日常生活における姿勢や動作の改善も運動療法に含まれます。

「運動療法」の概要

運動療法の効果について

ソフトギムニクのボールを使い、痛みのあるところに圧力をかけ同時に力をぬく。その場所により押圧点の場所が違うらしいので、運動療法士の方の指導に従ってください。

参考:他の人が感じた運動療法の効果は...?

湿布を貼っている間は痛みが和らいできます。ホットパックで肩を...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の効果をもっと読む

治療期間

2日!!嘘みたいです。

治療に関する費用

ソフトギムニクのボール2個@1700×2!!普通は施術6000円くらい?らしいです。

副作用について

副作用はまったくありませんでした。夫はいらないけど、ソフトギムニクのボールだけはもう手放せません。

参考:他の人が感じた運動療法の副作用は...?

副作用は特にありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の副作用をもっと読む

四十肩、五十肩を患っている方へのアドバイス

肩は首と手首と指がつながっていて、肩関節が壊れると、生活の質が大幅に下がります。日常生活のほぼすべてが困難になります。たかが、肩こりと侮る無かれ、肩が懲りすぎると肩甲骨が動かなくなり、首も、肩も腕も動かなくなり、血圧が上がり、呼吸が困難となり、頭痛、血流不足により頭がボーとする、脳梗塞の危険が増える、等々、重篤な影響が起こります。運動療法は病気になった方や、手術のあとの方だけでなく、元気な方にこそ、必要だと思います。医療費の削減にもなって、私たちが納める税金にもやさしいです。

参考:四十肩、五十肩を経験した他の人のアドバイスは...?

肩が痛いな、とか挙がらないとかいった症状は誰しも起こることだ...

(続きを読む)

60代男性の家族(この人の治療体験)

ブロック注射、手術などに少し不安がある方でも、モーラステープ...

(続きを読む)

30代男性の家族(この人の治療体験)

四十肩、五十肩を経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月06日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

四十肩、五十肩の体験談をもっとさがす

運動療法の体験談

治療法ごとに体験談をさがす