治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

薬物治療四十肩、五十肩(肩関節周囲炎、肩関節拘縮、四十肩)

概要

強い痛みや炎症など急性症状がみられる場合は安静にし、第一選択として薬物治療が行われます。肩関節周囲炎で用いられる薬剤として以下のようなものがあります。
■非ステロイド性消炎鎮痛剤
ロキソニンプロフェンナトリウム水和剤、ジクロフェナクナトリウム、ケトプロフェンなどがあります。
もっともよく用いられる痛み止めとされ、炎症を抑える作用もあります
■筋弛緩薬
エペリゾン塩酸塩などがあります。
筋肉の緊張状態を改善させ、痛みをやわらげる効果があります。
■ヒアルロン酸ナトリウム
関節内に注射することで、痛みや炎症を抑える効果があるとされます
■ステロイド剤
トリアムシノロンアセトニド、リン酸ベタメタゾンナトリウム、酢酸コルチゾンなどがあります。
関節内に注射することで、痛みや炎症を抑える効果があるとされます。

他の治療法に比べての優位性

手術と比較し、からだの負担は軽い治療法です。また、症状や炎症が強い時期は、運動療法や物理療法が行えない場合があります。薬物療法はこのような急性の時期に第一選択として行われ、炎症を抑えたり痛みをやわらげることができます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

痛みの緩和の為、注射をしてかえる選択をしました。前日にくらべ痛みはかなり軽くなりました。
痛みがひどかったけれど、なるだけ体に負担にならない方法を調べて、漢方薬が良いとのことを聞き、その治療をしていただきました。

留意すべきこと

肩関節周囲炎を治すのではなく、症状を抑えることや、回復を促す目的で用いられます。
あくまでも痛みや炎症の緩和を目的としている場合があるので、急性の症状が落ち着いたら運動療法や物理療法などに移る必要があります。

実際に感じた効果

注射はうって1、2時間後にかなり痛みがひいて無理をしなければひどく感じなかったです。ジーンといたむのがだいぶ軽くなりらくになりました。
痛みが出始めてすぐに鍼治療と漢方薬服用を始めました。 週に3回くらい鍼治療をして、毎日欠かさず漢方薬を服用しました。 それでも効果が出るのに1か月くらいはかかりましたが、徐々によくなってる実感があり、続ける事が出来ました。 6か月かかりましたが、完治しました。

副作用と対策

消化器障害

肩関節周囲炎の薬物療法として非ステロイド性消炎鎮痛剤が使用された場合、胃痛や下痢などの消化器症状を引きおこす場合があります。

空腹時の服用はさけ、医師や薬剤師の指示にしたがい、用量用法を守って服用するようにしましょう。また、気になる症状があらわれた場合には、医師に相談するようにしましょう。

呼吸器障害

非ステロイド性消炎鎮痛剤が使用された場合、喘息症状の悪化など、呼吸器の障害を引きおこすことがあります。

喘息の方は事前に医師に伝えしましょう。症状がおさまらない場合はほかの治療法の検討について医師に相談しましょう。

腎機能障害

腎機能が障害されることで、尿量が減少したり、尿がでなくなる、濁りや泡立ち、血尿などの症状があらわれることがあります。その他、むくみ、だるさ、吐き気、側腹部痛、腰痛、発熱、発疹などの症状があらわれることがあります。

腎臓機能が低下している可能性がある高齢者の方や腎臓の病気を持つ方は事前に医師に伝えるようにしましょう。

感染症

過度にステロイド剤の注射をすることで、骨粗しょう症、感染症などの副作用があらわれることがあります。

通常ステロイド剤は補助的に用いられるため、過度に使用することはないとされています。 症状があらわれた場合は使用量を減らしたり、中止したりすることがありますので医師に相談しましょう。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

費用

1,000円程度

(3割負担の保険適用時)

実際にかかった費用

初診料(病院)846円 画像診断2,409円、左肩関節フィルムレス3枚(デジタル)、頚椎フィルムレス4枚 処方箋料204円 合計3,459円で、病院で請求されたのは3,460円です。 調剤薬局では780円でした。

30代男性の家族(この人の治療体験)

一般的な所要時間

痛みや炎症がおさまるまで続けます。

適用される患者

強い痛みや炎症がみられる方

下記の方の適用は医師に相談しましょう。
腎臓の病気がある方、高齢者の方、喘息の方、その他呼吸器関連の病気のある方

更新日:2016年11月11日

参照元:(標準整形外科学第11版中村利孝医学書院2011年(閲覧日:2015年10月3日),肩その機能と臨床第4版.信原克哉医学書院2012年(閲覧日2015年10月3日),疾患別理学療法ハンドブック第4版細田多穂柳澤健協同医書出版社2010年(閲覧日:2015年10月3日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年10月15日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

薬物治療の体験談

治療法ごとに体験談をさがす