あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

四十肩、五十肩(肩関節周囲炎、肩関節拘縮、四十肩)

四十肩、五十肩とは

肩関節周囲炎は明らかな原因なく発症し、肩関節の痛みと運動の障害を認める疾患群と定義されています。
肩の関節の動く範囲が狭くなる、あるいは痛みがおこるといった病気の総称です。肩関節そのものだけでなく、筋肉をはじめ周りの組織も炎症状態となるため、炎症がおきている場所や程度によってさまざまな症状があらわれます。
発症しやすい年齢が40代、50代くらいであることから、四十肩あるいは五十肩ともよばれることがありますが、30代や60~70代でも発症することがあります。
一般に片側にだけ発生し、両側に同時におこることはほとんどないといわれています。
一度治ると再発しにくいことも特徴とされます。そのため、強い肩の痛みが繰り返しおきる場合や両側の痛みが出る場合には、他の病期との鑑別が必要となります。鑑別が重要な疾患に関しては、治療選択の基準に記載します。

症状と原因

初期症状として、片方の肩の痛みが強く、痛い方の肩を下にして就寝できない、あるいは痛いので動かさないといった状態になります。
動かさない状態を放置していることにより、肩関節が少しずつ固くなり、ある角度以上に肩関節を動かせなくなるといった症状がみられるようになります。
日常生活のなかでは、髪をくしでとかせなくなる、洗濯物を干せなくなる、服の着脱が辛いといった症状としてあらわれることが多いといわれています。

体験談

体験談を見るにあたって

肩関節周囲炎の治療は、痛みをやわらげることと、関節の動きを改善することという2つに方針を当てて行われます。
治療は、痛み止めなどの薬物療法や保温などの生活上の指導、そして運動療法や物理療法といった保存的治療(手術以外の治療方法のこと)が行われ、具体的な方法は発症後の時期により異なります。
薬物療法、運動療法、物理療法で改善することが多く、手術に至るケースは5%程度であると考えられています。
強い痛みを何度も繰り返す場合には適切な鑑別が重要となります。鑑別が重要だとされる代表的な疾患として以下のようなものがあります。
■腱板断裂:腱板とは、肩の周りにある筋肉の一部で、体の中でもっとも老化の早い組織の1つとされます。重いものを持ち上げる、荷物を上に上げるなどの動作をすることや、肩をぶつけたりすると突然切れることがあります。
■石灰性腱炎:血液中のカルシウムが結晶となり筋肉などに沈着することがあります。炎症や痛みを生じます。
■上腕二頭筋長頭腱炎:上腕二等筋の腱のひとつである長頭腱に炎症をおこします。肩関節周囲炎の前兆と考えられる場合もあります。
■変形性肩関節症:肩関節を構成する骨がすり減ってしまうことでおこる病気です。
■肩の外傷
■内科的疾患:糖尿病、甲状腺機能障害、心臓疾患、肺疾患、痛風といった内科的な病気でも肩に痛みが生じる場合があります。
■神経疾患:神経の疾患により知覚神経が刺激され、肩に痛みを感じる場合があります。
■頸椎(けいつい)疾患:頚椎の病気により、神経が刺激され、首だけでなく肩にも痛みを感じることがあります。
■関節リウマチ:リウマチの関節痛は肩だけではありませんが、人によっては肩の痛みを訴える場合があります。

更新日:2017年06月06日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす