あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

尿細管アシドーシス(RTA)

尿細管アシドーシスとは

血液からろ過された原尿から必要なものを再吸収し、不要なものを排泄する腎臓の尿細管が、先天性、または後天性に腎尿細管障害をきたす病気です。
血液中の酸の調節がうまく行えず、血液内が酸性に傾くこと(代謝性アシドーシス)をいいます。

症状と原因

軽度であれば無症状のことが多く、ほとんどが長期間経過し、進行した後に症状があらわれます。

体験談

体験談を見るにあたって

尿細管アシドーシスの種類や原因疾患に合わせ、代謝性アシドーシスの補正が適切におこなわれます。
基本的にアシドーシスを補正するために、重曹の補充を内服でおこないながら、尿細管アシドーシスの種類や原因疾患に合わせて、カリウム補充やカリウム制限、ホルモン補充などをおこないます。
また、合併症として腎不全や骨密度の低下をおこしている場合では、必要に合わせてクエン酸の補充やカルシウム、ビタミンDの補充をおこないます。

現在尿細管アシドーシスの体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。