あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

むずむず脚症候群(エクボム症候群、レストレスレッグス症候群、RLS)

むずむず脚症候群とは

むずむず脚症候群は、おもに脚の中心の方にむずむずとした違和感などの症状がおこる病気です。この病気は、発症の原因がわからないもの(突発性、一次性)と、他のなんらかの病気や薬が発症の原因(二次性)となるものがありますが、主な原因となる病気としては次のようなものがあげられます。鉄欠乏以外では、透析患者などの慢性腎不全の病気がある方や、パーキンソン病、妊娠、リウマチ性疾患などの持病がある方が、むずむず脚症候群を発症することがあります。
脚に感じる違和感などにより、常に脚を動かしたくなったり、眠れないなどの症状がおこるため、睡眠障害の原因の1つとされています。また、安静にしているときほど症状がでやすいのが特徴です。

症状と原因

むずむずした違和感などの症状は、主にふくらはぎにおこることが多いとされますが、脚の甲や裏、太ももなどにもおこることもあります。また、脚の表面ではなく、どちらかというと奥の方にむずむずとした違和感などを感じることが多いとされています。
症状を感じる時間帯としては、日中よりも夕方や夜の安静にしている時に症状を感じることも多いようです。

体験談

体験談を見るにあたって

症状が軽度の場合は、日常生活における生活習慣の改善を行うなど、薬を使用しない非薬理療法を行うことがあります。
しかし、症状が重い場合は、日常生活の改善と合わせて薬物療法による治療を行うことが望ましいとされています。
第一選択薬としては、ドパミン作動薬を使用することで症状を改善する治療が行われています。この薬を服用すると、ドパミンの伝達がスムーズに働くようになり、むずむずした違和感などの症状が改善するとされています。
その他の治療法としては、鉄分の不足によりドパミンが正常に機能せずに症状が発症している場合では、鉄剤を服用することで不足している鉄分を補う治療を行うことがあります。
また、脚のむずむずとした違和感などの症状が断続的にみられる方や周期性四肢運動がみられる方で、睡眠がうまくとれていない方は、睡眠に導きやすくする、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を使用することがあります。これらの薬で改善がみられない場合には、抗てんかん薬を使用することがあります。

更新日:2017年05月10日

新着体験談

治療法ごとに体験談をさがす