あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

副鼻腔炎(蓄膿症)の症状と原因

症状 - どんな症状がでるか

潜伏期間と初期症状

細菌やウイルス感染などによって副鼻腔におこる急性の炎症により、鼻づまり、鼻水、咳、頭痛、顔面痛などの症状がみられます。

進行時の症状

炎症が長引くことで副鼻腔の分泌液の量が増えます。また、その分泌液の粘度が高くなり、副鼻腔炎の状態を悪くさせます。症状としては初期症状と同じで、鼻づまり、鼻水、咳、頭痛、顔面痛などがみられます。

疫学 - かかりやすさ、かかりやすい人

かかる割合(罹患率)

人口10万人あたり、約15,000人かかるといわれています。
※和歌山県立医科大学耳鼻咽頭科論文2004年

年齢によるリスクの上昇度合

60歳以上でリスクがあがる傾向にあります。

原因や遺伝の影響 - 病気になる理由

ウイルスや細菌が副鼻腔の粘膜に感染することで発症します。多くは、風邪などでウイルスや細菌が鼻腔に感染して炎症をおこし、それが副鼻腔におよぶことが原因となります。
その他にも、アレルギーや遺伝が関係しているとされています。

分類 - 病気の種類や段階

■急性副鼻腔炎
ウイルスや細菌の感染により副鼻腔において急性の炎症がおこります。

■慢性副鼻腔炎
急性副鼻腔炎が長引くことで症状が3ヶ月以上続いているものです。蓄膿症ともよばれます。

検査 - 病気の特定方法

鼻鏡、内視鏡検査 重症度の確認病気の有無

鼻鏡や内視鏡を用使い鼻の内部を観察し、粘膜の腫れ、鼻水の量や性状、鼻ポリープの有無などを調べる検査です。

エックス線検査 (画像検査) 重症度の確認病気の有無

エックス線を体表に照射してからだの中の臓器や骨などの状態を画像に記録し確認する検査です。一般にレントゲン撮影ともよばれます。ごく微量ながらも放射線被爆をともないますが、からだへの負担が少ないため、広く行われる検査法です。副鼻腔炎の場合、鼻の内部を含む頭部を撮影することで、炎症がおきている場所、程度、範囲をみることができます。

細菌検査 原因の特定

感染症が疑われる場合に、その原因となる細菌の種類を特定するための検査です。
検査材料として、血液や、尿、組織、分泌物などを採取し、栄養分を含んだ培地上でそれらを培養することで、原因菌の特定を行うことがあります。さらに、その細菌を殺すことのできる適切な薬を調べることもあります。(薬剤感受性試験)培養を行うのに時間がかかるため、検査結果がでるまでに数日~1週間ほど必要な場合があります。
副鼻腔炎の場合、副鼻腔内の分泌物を取り出し、その中に含まれる細菌を調べることがあります。鼻の穴の中から副鼻腔のひとつである上顎洞に針を刺す方法や、細長い綿棒や吸引装置を用いる場合もあります。

副鼻腔炎になった人の様子や痛みなどの自覚症状は?

季節の変わり目ということもあり、風邪をひいてしまったのですが熱が下がっても鼻詰まりが2週間たってもなかなかよくならず、しまいには寝ている時も...

(続きを読む)

鼻のつまりがひどく、また咳が長い期間に渡って止まらなかった。またあごの付け根や頭が重く痛い症状も併発していた。風邪薬を飲んでも効かず、歯医者...

(続きを読む)

子どもの鼻風邪が移って1週間くらい経ってなんだか鼻と喉の間に痰のようなものがある間隔が残っており、それがずっと気になっていました。気づいてか...

(続きを読む)

予後 - 治療の経過と再発

治療後フォローと再発

手術を行った場合でも、鼻の粘膜をすべて除去することはできないため、鼻炎のような症状が続いたり、副鼻腔炎が再発してしまうこともあります。引き続き薬物治療を行い様子をみていく必要があります。

合併症と転移

副鼻腔炎は、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、アレルギー性鼻炎などにより発症することが多いとされています。
また一方で、副鼻腔炎が原因となって、中耳炎、眼窩内感染症などの眼の合併症、脳膿症、髄膜炎、硬膜下膿瘍などの合併症が発症することがあります。

副鼻腔炎を経験した人からのアドバイス

副鼻腔炎の症状として、とにかく頭が痛いということが苦痛であった。症状はロキソニンなどの解熱鎮痛薬をもってしても簡単に軽減...

(続きを読む)

副鼻腔炎は慢性化すると、長引く病気だと知りました。はじめに内科を受診していた期間が長かったので、もっと早くに耳鼻科を受診...

(続きを読む)

10代以下男性の家族(この人の治療体験)

参照元:(急性副鼻腔炎診療ガイドライン追補版2013日本鼻科学会http://www.jrs.umin.jp/pdf/as_guideline_demo_20140224.pdf(閲覧日:2015年8月7日),副鼻腔炎診察の手引き日本耳鼻科学会金原出版2007年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月7日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

治療ノートの編集方針

更新日:2016年12月27日

副鼻腔炎の体験談

みんなの症状について

副鼻腔炎についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす