今まさに、あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

副鼻腔炎(蓄膿症)の内視鏡下副鼻腔手術の体験談

1-6件目を表示/全6件

内視鏡下副鼻腔手術とは

炎症をおこしている粘膜や鼻ポリープを取り除きます。ほとんどの場合、局所麻酔で行われ、内視鏡と手術器具を鼻の穴から挿入し、鼻の奥深くまでをモニターに映しながら手術を行います。

内視鏡下副鼻腔手術の詳細はこちら

更新日:2016年04月01日

内視鏡下副鼻腔手術以外の治療法も含まれる体験談をさがす

他の治療法が含まれる体験談

他に経験した治療法から体験談をさがす

副鼻腔炎の体験談をもっとさがす

治療法ごとに体験談をさがす

副鼻腔炎(蓄膿症)の内視鏡下副鼻腔手術に関する体験談のみんなの体験をまとめています

このページでは、副鼻腔炎の内視鏡下副鼻腔手術を経験された方の体験談を掲載しています。
体への負担が軽かった (40代女性)」や「10年近く続けてきた、耳鼻科通いをやめられること、鼻の不快感で睡眠中も目が覚めて鼻をかむ、頭痛、勉強中特に下を向くと鼻が詰まる等の不快感を解消できたから。 (20代女性)」など、実際にその病気を体験された患者の方だからこそ伝えることができるような病気やその治療法に関する体験を、今後の治療の参考にしてみてください。