治療ノートは、2020年1月30日をもってサービスを終了いたします。ご活用いただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

副鼻腔炎(蓄膿症)で「抗菌薬」による治療を受けた方からのアドバイス

更新日:2017年09月12日

このページでは、副鼻腔炎にかかった方々が、この病気やその治療法をこれから実行する方に向けて、気をつけた方が良いことや参考になった情報、病気との向き合い方、今思えば知っておけばよかったことなどといった、病気や抗菌薬を受ける際のアドバイスをまとめています。

1-30件目を表示/全58件
  • 鼻水がおかしくなったらすぐに医者に行くべき
  • 私の場合は日頃から鼻炎などもあって鼻づまりの症状にうとくなっており、どんどん悪化したため歯の症状で気付く事になりました。 医師に治療してもらいながらでも、悪化した場合や治りにくい場合には、ネットの活用はとても必要だと思った一件でした。 症状を羅列して検索をかけるだけできちんとヒットすることが多いです。
  • 副鼻腔炎の症状として、とにかく頭が痛いということが苦痛であった。症状はロキソニンなどの解熱鎮痛薬をもってしても簡単に軽減できなかったことから、なるべく早い段階で副鼻腔炎であると自覚して、診断、治療に入るべきと感じた。
  • ステロイド系のお薬はやはり人によって向き不向きがあるように感じました。しかし、ためらってしまい症状が長引けばその分だけ治療にかかる時間も長くなっていくので、医師と相談しながら自分のペースで治療することをお勧めします。
  • 歯の痛みと副鼻腔が関係があると初めて知る事ができました。虫歯の菌が副鼻腔に入って炎症を起こす事もあるそうなので上顎は鼻と関係があると知っておくと良いと思います。鼻詰まりでも放っておかず早めに受診して治療する事をおすすめします。
  • 歯の痛みと副鼻腔が関係があると初めて知る事ができました。 虫歯の菌が副鼻腔に入って炎症を起こす事もあるそうなので上顎は鼻と関係があると知っておくと良いと思います。 鼻詰まりでも放っておかず早めに受診して治療する事をおすすめします。
  • とにかく鼻詰まりが辛く、痰も出ます。黄緑色の鼻水と痰が出るので、アレルギー性鼻炎と区別がつきます。一度副鼻腔炎になると、再発することもあるそうなので、注意が必要です。ひどくなる前に耳鼻科を受診し、治療を受けることで重症化を防ぐことができます。
  • 鼻がグズグズしたり詰まったり頭が痛くなったりという症状がいつもより長引くな、と感じたら自己判断で市販の薬を服用したり通院を遅らせたりせず早めに受診すること、通院を続けても改善しない場合は病院を変えてみる、もっと症状がひどくなった時にはCT検査などができる設備のある病院へ行ってみる、といったことが大切かと思います。蓄膿は風邪と違い放置していても自力では治せません。
  • 私は服薬と通院のネプライザーだけでしたが、抗生物質も何種類もあるので、副作用のつらさは早めに医師に相談した方が良いと思います。鼻洗浄してくれる耳鼻科もあるので、通院で鼻洗浄も受けられるとよいと思います。
  • 鼻水、鼻づまりは普段全くなく、ただ時々ドロッと膿のようなものが出るだけだったので、あまり気にしてなく、今回たまたま風邪で発熱があったので受診しました。しかし、あのまま受診せずに放っていたら重症化していたかもしれないと思うとこわいです。少しでも異変があれば早めに受診したほうが良いと思います。
  • 頭痛が副鼻腔炎から来ているなんて、全く分からなかったので、頭痛の原因が分かった時は安心しました。 小さな子供の場合、自分で言葉にして不調を訴えるのが困難なため、親が子供の些細な変化、不調に気づいてあげることが、本当に大切だと思いました。 納得のいく診断結果がでなかった場合、他の病院へ連れて行くことも大事だと感じました。 副鼻腔炎の場合治るまで抗生剤を飲み続けることになるかと思いますが、自己判断でやめず、しっかり医師の診断に従い完治させることが大切だと思います。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • 症状をきちんと伝えることと薬の飲む量や飲む時間を間違えないことが大事だと思いました。
  • 抗菌薬を服用することに抵抗を持つ方もいるようですが、抗菌薬を摂取しないで放置すると手術しないと治らないようです。鼻水の色に変化を感じたら早めに受診し、抗生剤を服用することで痛みを感じず完治することができると思います。
  • 風邪のような症状があるので風邪と間違いやすいのですが顔、特に頬の辺りに違和感または鈍い痛みを感じたらかなり可能性は高いと思います。また風邪は内科でなくても耳鼻科でも対応してくれるので早めに耳鼻科を受診しても良いと思います。
  • 基本的に疲労したとき、寝不足な時になりやすく、育児中のお母さんなんかはなりやすいと思いますが、鼻水が出て額の辺りが痛いと感じたらなるべく早く耳鼻科を受診したほうがいいと思います。早ければその分、治りも早いので受診料や薬剤料も少なく済みます。
  • 副鼻腔炎の治療は基本的に抗菌薬と対症療法になると思います。悪化してからだと治療に要する期間が伸びてしまうので、鼻づまりがひどくなる前に早めに受診することをお勧めします。 抗菌薬を服用する場合は、忘れずにきちんと服用するようにしてください。 鼻洗浄は、数時間はすっきりしますが、効果が持続するわけではないので、やってもやらなくても同じだと思います。
  • どの薬にも言えることですが、妊娠中や授乳中の方などは服用できるお薬が限られているので事前に相談してください。 またそうでなくとも抗菌薬は副作用で下痢になる方もいるので、注意が必要だと思います。
  • 私の場合は医師の指導を守ってかかさずきちんと薬を飲めば1週間程度で治りました。症状の度合いにもよると思いますが、風邪などと同じで、薬を飲み、休養と栄養をしっかりとって、悪化しないうちに治されるとよいと思います。
  • 咳、鼻水などの風邪症状でも軽くみて油断しているとまた副鼻腔炎になるということがわかり、風邪症状が出始めたらなるべくはやくに医療機関にかかるようにしています。基本的なことですが、鼻水が出たらこまめに鼻をかむことが重要らしく、日常的に鼻水を吸うくせを直すようにしています。あとは、耳のきこえが悪くなったり嗅覚・味覚が落ちてきたらすぐに治療したほうが良いです。
  • とにかく、早めに受診すべきだったと反省しています。 鼻水だけで、そのほかの症状はあまりないと、そのうち止まるかな、と放ってしまいがちですが、副鼻腔炎から中耳炎やほかの病気になることもあるので、早めの対処がよいと思います。
  • とにかく直ぐにでも治療したいと思ったり重度の方は吸引ですぐに済ませるのがいいかと思います。ただ、痛みが嫌や吸引するまではまだ大丈夫、薬で排膿できるなら薬の方が気持ち的には楽です。ただ即効性にかけます。また薬の副作用で眠気が酷くなるので、仕事などで車を運転する方は、薬ではなく吸引してもらったほうが安心と思います。
  • 服薬なので、胃の負担の少ないようにされるといいかと思われます
  • 副鼻腔炎は、悪化するとなかなか治らなくなるだけでなく、何度も発症します。私は最初に罹った時に忙しさにかまけて病院に行かなかったことで悪化してしまい、持病になってしまいました。初期の段階で早めに病院へ行き、詳報された抗生剤も相性があるので、効かないと感じたらセカンドオピニオンもおすすめします。
  • 細菌による風邪が長引くと、悪化しやすく、副鼻腔炎や、さまざまな病気を引き起こすので、なるべく早く病院での治療をうけることをお勧めします。一度、副鼻腔炎を引き起こしてしまうと、長引きますし、なかなか夜も寝付けず、咳、痰、鼻づまり、微熱、頭痛、鼻の痛みに悩まされられるので、早め早めの処置が必要だと思いました。
  • 私の場合は外気に触れた時に痛みが増したので、外出する際にマスクをして頬あたりを覆うことで痛みを強くしないようにしていました。もちろん室内でも患部を温めると痛みが軽減したので付けていました。 抗菌薬でお腹や便が緩くなることが多い場合は先生に予め伝えると整腸剤などを出していただけると思います。
  • この病気は、鼻をうまくかめないことで起こりやすく、特に冬場に起こりやすいと聞きました。 冬場は寒くてどうしても鼻水が出てきてしまいます。鼻水と咳が出てきて、それだけではと病院に行かないでいるとひどい状態になってしまっていることがあります。 子供の咳と鼻水はみていてとてもつらいです。耳鼻科に連れいていくとレントゲンなどを撮ってくれ、状態がすぐにわかったりしますので、冬場の鼻水と咳は侮らずにすぐに病院へ連れていくことをお勧めします。

    10代以下男性の家族(この人の治療体験)

  • たかが鼻水と思っていたら、治りにくい副鼻腔炎だった。私の場合は抗生剤による耐性菌のリスクが怖いです。鼻洗浄などで一気に溜まったものを排除してしまったほうがよかったと思います。医師からしっかり説明を受けて、納得のいく治療法を選択してください。
  • 医者からも「薬は忘れずに飲み続けてください」と言われました。抗菌薬は人によっては下痢がひどくなりやすいで止めたほうがいいかなと考えてしまうかもしれません。 今回子供が副鼻腔炎になって一番わかったことは、たかが鼻水と侮ってはいけない事です。

    10代以下女性の家族(この人の治療体験)

  • 私は目と頭の痛みが主症状でしたので、まさか副鼻腔炎だとは思いませんでした。頭が痛くてつらいのに、横になると酷くなるので、眠りが浅くなりキツかったです。治るまでは痛み止めを上手に使って、治療した方が体が楽だと思います。また目の赤みが酷く、ちゃんと目が開かないのでコンタクトの使用は避けた方が無難です。
  • 副鼻腔炎の症状の程度は人により様々で、辛さもまちまちかと思います。 私は我慢しながら生活を続けてしまいがちなのですが、良く効く薬があるので辛い症状の緩和のために、早めに受診することがいいと思います。 恒久的には鼻の手術を検討するべきかとも思います。

もっと読む