あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

鼻洗浄副鼻腔炎(蓄膿症)

概要

鼻粘膜に麻酔を行い、上顎洞に針を刺したり、細い管を鼻腔から副鼻腔に挿入するなどして、生理食塩水を注入して上顎洞を洗浄します。

他の治療法に比べての優位性

病院に行かなくとも自宅で行える鼻洗浄も販売されており、簡単に行うこともできます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

私が治療した当時はとにかく痛く、どこか圧迫されるような感覚がいまだに忘れられないからです。
薬を飲むと目まいをおこすので、鼻洗浄を行いました。 家で自分でもでき、値段も安上がりでした。
妊娠中であったのとまだ症状が軽かったので薬によっての治療はしないと言われました。 とりあえず鼻をこまめにかむ、道具があれば鼻洗浄を行うことで改善するだろうとの事でした。悪化した場合は弱い薬を処方するがあまりお勧めしたくないとも言われました。

留意すべきこと

鼻洗浄の後に抗菌剤を投薬することもあります。中耳炎の原因になったり、鼻粘膜を傷つける可能性があるとの意見もあるため、よく説明をうけてから行う方がよいとされています。

実際に感じた効果

鼻洗浄をすると、鼻の中や副鼻腔に詰まっていた膿をほぼ全て出す事ができました。 よって治療後すぐに辛かった症状はなくなりました。
洗浄開始2~3日で、泥水のような鼻水がなくなりました。 3~4日で右こめかみの痛みも消えました。 発熱は、1~2日で治まりましたが、これは処方された薬のおかげだと思います。 感冒薬でした。
洗浄を始めてから3~4日程で歯茎の痛みが取れました。その後すぐに頬骨の痛みが取れました。 そのあとはしばらく黄色の鼻水が出ていましたがこまめにかむことで全部で10日程で色つきの鼻水も出なくなりました。

実際に感じた副作用

鼻炎の薬を飲むと即効性はあるのですが、眠気などの副作用が強く、また口腔、鼻の乾燥を強く感じました。 薬を飲んだ後は可能な限り寝るか家でゆっくり過ごしました。水分を意識して多めに取るように心がけました。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

鼻洗浄 400円 抗生物質服用 月3000円 ネブライザー療法 月1500円
通院は2回ほどで5000円弱だったと思います(会社に提出する為の診断書が入っていたので通常よりも高い金額かもしれません)

一般的な所要時間

週に1回ほどを1ヶ月程度続け、効果によりその後の方針を決めるのが一般的とされています。

適用される患者

上顎洞に炎症がある方

更新日:2015年08月14日

参照元:(急性副鼻腔炎診療ガイドライン追補版2013日本鼻科学会http://www.jrs.umin.jp/pdf/as_guideline_demo_20140224.pdf(閲覧日:2015年8月7日),副鼻腔炎診察の手引き日本耳鼻科学会金原出版2007年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月7日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

鼻洗浄の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

鼻洗浄についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす