あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

鼻洗浄副鼻腔炎(蓄膿症)

概要

鼻粘膜に麻酔を行い、上顎洞に針を刺したり、細い管を鼻腔から副鼻腔に挿入するなどして、生理食塩水を注入して上顎洞を洗浄します。

適用される患者

上顎洞に炎症がある方

他の治療法に比べての優位性

病院に行かなくとも自宅で行える鼻洗浄も販売されており、簡単に行うこともできます。

留意すべきこと

鼻洗浄の後に抗菌剤を投薬することもあります。中耳炎の原因になったり、鼻粘膜を傷つける可能性があるとの意見もあるため、よく説明をうけてから行う方がよいとされています。

費用

一般的な所要時間

週に1回ほどを1ヶ月程度続け、効果によりその後の方針を決めるのが一般的とされています。

更新日:2015年08月14日

参照元:(急性副鼻腔炎診療ガイドライン追補版2013日本鼻科学会http://www.jrs.umin.jp/pdf/as_guideline_demo_20140224.pdf(閲覧日:2015年8月7日),副鼻腔炎診察の手引き日本耳鼻科学会金原出版2007年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年8月7日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

鼻洗浄治療について、実際に質問してみる

体験談をさがす

鼻洗浄の体験談

治療法ごとに体験談をさがす

鼻洗浄についてもっと知りたい
サイト内の情報であなたの疑問を解決できるかもしれません。

フリーワード検索からさがす