あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)で「生物学的製剤」による治療を受けた理由

更新日:2017年06月19日

このページでは、関節リウマチの生物学的製剤を選択した方々の、その治療法を受けることになった理由についてまとめています。

1-30件目を表示/全41件
  • 飲み薬をいろいろ試していたが、悪化してきたため、効果があるというエンブレルを試すことになった。
  • 抗リウマチ薬での治療に限界を感じ、痛みから解放されたくてバイオを選択。 アクテムラはバイオの中では低価格の部類なので選びました
  • 大きな効果が期待できることを聞いており、以前使用した際に実際効果があったため
  • 痛みがひどく日常生活がままならなかったので早く楽になりたいと思っていた。医師から経口薬では症状を和らげることが難しいといわれバイオ製剤を薦められ受けようと決めた
  • ずっと勧められていたが費用のことを考え、なかなか決断出来ずにいた。しかしそろそろ始めないとどんどん関節が破壊されていくと言われ決心した。
  • 痛み・腫れ共に内服薬では効果がなく、医師の提案にあったレミケードを選択。高額ではあるが保険適用の旨説明を受けた。
  • 内服ではなかなか症状が改善せず、高額だが生物学的製剤が出だした頃に、症状が改善された症例も医師から説明されたため。
  • 副作用が少なく効果が大ということで費用もそれなり点滴は月1回でいいので
  • 飲み薬だけでは痛みが収まらず、医師にバイオケミカルを知らされて価格は高いと言われたが、進んでバイオケミカルの使用を希望した
  • 全く効果が得られず血液検査も悪く、痛みが悪化して手首と膝が腫れているから。
  • 身体を動かすのが痛く苦しくて日々の生活に支障が出始め、藁にをもすがる思いで先生に問い合わせすると、初回は一日入院して様子を見ながら点滴2時間かけてするとの事でした、驚くことに点滴終わって歩くと体が軽くいたみも消えてました、まるで魔法のような瞬間でした。
  • メトトレキセートからタクロリムスに変更したのは妊娠を希望したから
  • リウマトレックスの副作用でレミケードが使用不可となったため
  • 治療費は高く、副作用もあるが、効き目はあり進行を抑える効果が最もあるから。
  • エンブレルの効き目が落ちてきたためCRPも上昇。痛みも増してきたため、その当時としては新しい薬に挑戦してみようと決心した。
  • リウマトレックスだけよりも関節破壊の進行が防げるということだったから。
  • メトレート錠等の服用量が徐々に増えてきた。しかし、改善が殆ど見られず、リウマチの症状に伴って、腱鞘炎や筋肉痛、関節炎のような症状も頻発するようになった。当時の主治医から「生物学的製剤に切り替える時期かもしれない。」と説明された。実際、日常生活の至るところで支障が出ていた。当時47歳という年齢で50代に入る前のこの時期が切り替えるチャンスであったと考え、生物学的製剤による治療を受けることを決めた。
  • 生物学的製剤を使うことになり、何を使うか選ぶように言われたが何が良いかわからず困った。アクテムラは日本で製造しているということと、日本人には合っているようだと聞いたので選んだ。
  • 錠剤だけでな痛みがとれずその間、脳梗塞も併発したから 生物学的製剤を医師に勧められたから
  • メトトレキサートではあまり効果が見られず、寛解のためには生物学的製剤の使用が必要だと感じたため。
  • 副作用が少ないし、ほとんどの人に効果があると聞いたのできめた。
  • 体への副作用を減らすためステロイドを中止して生物学的製剤に切り換えた
  • 寝たきり状態だった私がアクテムラのお蔭で海外旅行へ行けるまでになりました。治療費はかなり高額ですが自分がリウマチなのが嘘のように痛みがなくなりました。また副作用も現れず自分の体にとても合っています。
  • 治療費はかかるが、エンブレル注射を打った翌日に劇的に体の痛みがましになったので
  • 最初はリウマチ=手足が曲がって行く病気だと思い失望しましたが、今は医学の発展や薬なども変わり寛解の状態まで行ける患者もいると話しを聞いて生物学的製剤を取り入れる治療法を選びました。
  • 1番治療効果があり、副作用がないためです。
  • 他の生物製剤と比べ、費用が安く、効果は同等であるというデータを見たことから決めた。
  • 関節リウマチは一生の付き合っていくものという意識でしたが、発症後間もない時期に生物学的製剤を使用すると寛解の可能性が高くなると聞きました。生物学的製剤での治療は高額だし、寛解の可能性も高くなるだけで、必ず寛解する保証があるわけではなかった為、迷っていると医師からヒュミラの治験の話をされました。金銭的にも負担がほぼ無いことと、今ある痛みを早く取り除きたいという思いもあったので、とりあえずやってみることにしましたが、相性が悪いのか、寛解どころか一向に痛みや腫れが改善しませんでした。
  • シムジア、シンポニーを打っても効果なくアクテムラに変えたらちょっとずつ痛みが和らいできたから。
  • 費用が高く自分で注射をしなくてはならないというデメリット(未だに自分で注射打つのは勇気が要ります)はありますが、この注射のおかげで症状が落ち着き日々の生活がスゴく楽になりました。

もっと読む