あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

回帰性リウマチは痛みはあるものの、数日間で症状が治まる状態なので、投薬無しでいる。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:
運動療法現在投薬無し、療法無し。

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

症状は1ヶ月~2ヶ月に数回出る状態。この先、関節の変形する症状に進むか、そのままか?は人によると診断されているのので、いまの状態で判断出来ない。

副作用

治療履歴

回帰性リウマチと診断、骨の変形が見られないので、投薬は痛み止めのみ処方された。

病気と症状について

以前から手首が腫れたり、膝が腫れたりする症状があったが、病院ではその都度整形外科に案内された。数回同じ状況を説明したところ内科で検診、痛風では無いと診断されぐらいで終わっていた。両足が腫れ歩けなくなった時にリウマチ専門病院へ行って、はじめてリウマチと診断された。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

指がこわびり血液検査・問診の結果リユマチと診断された。リュウ...

(続きを読む)

肩に激痛が走りいたみどめを飲んでも収まらず、寝ることもできな...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ運動療法を選んだか

回帰性リウマチは痛みはあるものの、数日間で症状が治まる状態なので、投薬無しでいる。

参考:他の人が運動療法を選んだ理由は...?

症状は重くなく費用がかかる治療法や薬品は避けたかったから。ま...

(続きを読む)

まずは一番手軽にはじめられる方法をということで、運動療法から...

(続きを読む)

他の人が運動療法を選んだ理由をもっと読む

運動療法とは

状態にあった適度な運動を行うことで、関節の動かせる範囲を保ち、筋力の低下を防ぎます。

「運動療法」の概要

運動療法の効果について

治療法について、何も受けていない。症状に対して、痛みをがまするのみ。よって影響を受けた治療法も無い。

参考:他の人が感じた運動療法の効果は...?

診断を受けてから、運動不足解消および柔軟性を高めるため毎日の...

(続きを読む)

運動療法を実践することによって、それまで感じていた間接の痛み...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の効果をもっと読む

治療期間

16年

治療に関する費用

0円

副作用について

いまの状況は長いが、投薬を受けていないので、副作用は無い。

参考:他の人が感じた運動療法の副作用は...?

副作用はないため。症状はないし、期間もない。...

(続きを読む)

運動療法だったので大きな副作用の経験はなかった。...

(続きを読む)

他の人が感じた運動療法の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

日常生活にもかなり影響のある痛みがつらい。手首が腫れれば、風呂、トイレ、手洗いも難しい。アゴの関節に症状が出れば、食べることが出来ない。腫れた場所は、骨折でもしたかのようにふくれるので、仕事先で仮病と思われることは無いが、足に症状が出るときは家を出ることが不可能になるので、仕事にも影響があることが厳しい。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

鍼灸に行ったり、冬場は早い時期から手袋をして体を冷やさないよ...

(続きを読む)

い小さころから病気知らずだったので、今回病気になったことで、...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる