あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

子供の頃なので、母親が説明を受け治療をすすめていった

患者との関係:本人患者:10代以下男性治療時期:1905年5月

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

治療から40年たつが、特に問題はありません。

副作用

治療履歴

病気と症状について

ソ連風邪と呼ばれたインフルエンザから、小学校6年の2月に12歳で若年性リュウマチと肝炎を併発、入院することになった。投薬と食事療法で肝炎を先に治療し、肝炎の症状が落ち着いてから、リュウマチの投薬を始めた。全治1年という診断であったが、治療の甲斐あって4月中旬には病院から中学校に通い、5月に退院することができた。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

肩に激痛が走りいたみどめを飲んでも収まらず、寝ることもできな...

(続きを読む)

肘・膝が歩けないほどの関節痛があり、39℃程度の発熱が数日間...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ抗リウマチ薬(DMARDs)を選んだか

子供の頃なので、母親が説明を受け治療をすすめていった

参考:他の人が抗リウマチ薬を選んだ理由は...?

一番オーソドックスな薬だと聞いたので。 とりあえずこの薬から...

(続きを読む)

医師が処方を決めてそれに対して特別な疑問もなかったし他に選択...

(続きを読む)

他の人が抗リウマチ薬を選んだ理由をもっと読む

抗リウマチ薬とは

体内の免疫の異常に直接働き、炎症を抑え、進行を防ぐ薬です。関節の破壊を防ぐ作用を持つものもあります。

「抗リウマチ薬」の概要

抗リウマチ薬(DMARDs)の効果について

肝炎とリュウマチの薬を同時に飲んでいたら、症状が悪化する一方だったので、まず肝炎のみに集中して治療したこと

参考:他の人が感じた抗リウマチ薬の効果は...?

血液検査の結果がだんだん良くなってきている。痛みは減ってきた...

(続きを読む)

アザルフィジンを服薬開始し4か月後に痛み、腫れがほぼなくなり...

(続きを読む)

他の人が感じた抗リウマチ薬の効果をもっと読む

治療期間

入院が3ヶ月

副作用について

特にありません

参考:他の人が感じた抗リウマチ薬の副作用は...?

薬を飲んだ日から少し気持ちが悪くなった。...

(続きを読む)

投薬開始後1か月から3か月。アザルフィジンの副作用で体のかゆ...

(続きを読む)

他の人が感じた抗リウマチ薬の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

風邪は万病の元ということわざを目の当たりにした、というのがこの頃の印象です。現在でのインフルエンザ感染者への隔離などの対応は大げさすぎることは無いと思います。小学校の卒業式に出られなかったのが心残りです。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

い小さころから病気知らずだったので、今回病気になったことで、...

(続きを読む)

そもそも膠原病と言うものを知らなかったし、痛みがひどく、歩く...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年11月16日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

抗リウマチ薬(DMARDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす