あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

メトトレキセートからタクロリムスに変更したのは妊娠を希望したから

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:2008年5月
生物学的製剤エンブレム、メトトレキセート、タクロリムス

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

薬の副作用もほとんどなく負担が少ないため

副作用

治療履歴

2008年5月
エンブレム投与
2008年8月よりメトトレキセート6mg
2016年8月よりタクロリムス2mg

病気と症状について

初めは手首が痛くなり動かせなくなったので病院へ行った。しかし年齢が若いこともあり腱鞘炎と診断された。後日同じような痛みが何回かあったので再度病院へ行き血液検査をすることになった。結果関節リウマチであることが分かった。早めにわかったこともあり、関節の破壊もなく薬で治療することとなった。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

もともと腱鞘炎持ちだったが、腱ではなく、両手首が痛くなッた。...

(続きを読む)

最初に現れたのは典型的な症状とでも言うべきものであったのでは...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)を選んだか

メトトレキセートからタクロリムスに変更したのは妊娠を希望したから

参考:他の人が生物学的製剤を選んだ理由は...?

体への副作用を減らすためステロイドを中止して生物学的製剤に切...

(続きを読む)

寝たきり状態だった私がアクテムラのお蔭で海外旅行へ行けるまで...

(続きを読む)

他の人が生物学的製剤を選んだ理由をもっと読む

生物学的製剤とは

生物から作られるたんぱく質を利用して作られた薬です。サイトカインという炎症や関節破壊を引きおこす物質の働きを抑えます。高い免疫抑制作用をもちます。
現在、関節リウマチに使用されている生物学的製剤は、TNF阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ)、IL-6阻害薬(トシリズマブ)、細胞標的薬またはT細胞選択的共刺激調整薬(アバタセプト)の7剤とされています。
それぞれ皮下注射または点滴静注による投与などにわけれています。

「生物学的製剤」の概要

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の効果について

全く痛みがないことはないが、日常生活にはあまり影響がない。今のところ現在の薬を続けることとなっている

参考:他の人が感じた生物学的製剤の効果は...?

30年近い長期のリウマチゆえ新薬が出るたび薬も何度も変わり、...

(続きを読む)

アクテムラを始めて数年後結婚をして子供を考え始めたので一旦ス...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の効果をもっと読む

治療期間

治療期間約9年

治療に関する費用

メトトレキセート1ヶ月2,000円程度 タクロリムス1ヶ月8,000円程度

副作用について

副作用はまったくなく、日常生活に問題ない

参考:他の人が感じた生物学的製剤の副作用は...?

エンブレルの注射を始めてから6年経つが副作用は現れてない...

(続きを読む)

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

どのような症状があるのか、関節の痛み以外にどのような症状が出るのかきちんと医者に確認した方がいい。ネットにも情報はたくさんあるがピンからキリまであるので自分の症状にはどの程度の症状がでるのか確認したほうがいい。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

病気になる前にできていたことができなくなり困ったし困り続ける...

(続きを読む)

病気になって感じたことは、ありきたりかもしれないが、今まで健...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2018年01月30日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす