あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

始めはリウマトレックスであったが、ジェネリック医薬品が出来たため、また比較的病状が安定していることもありメトレート、メトトレキサートと変わっていった

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2002年6月
抗リウマチ薬リウマトレックスカプセル2mg メトレート錠2mg メトトレキサート錠2mg

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

痛みが出るときは出るし、出ない時は出ない。よしとするべきであろう

副作用

治療履歴

残っている記録によると2004年11月リウマトレックス2mgを毎週水木の2日間朝夕2回各1カプセル
2004年12月毎週木朝夕各1に減る
2005年12月毎週木朝夕各1と金の朝1となる
2006年4月毎週木の朝夕各1と金の朝1となる
2006年7月メトトレキサート2mgを毎週木の朝2夕1と金の朝2となる
2006年8月メトレート錠2mgとなる(飲み方は同じ)
2006年9月毎週木金の朝2夕1づつとなる
2008年3月毎週木朝2夕1錠と金の朝2錠となる
2008年10月毎週木朝2錠と金の朝2錠となる
2010年4月毎週木朝2夕1錠と金の朝2錠となる
2010年5月メトトレキサートCP2mgに変更となる(飲み方は同じ)
2010年6月毎週木金の朝2夕1錠づつとなる
2010年7月リウマトレックスCP2mg
2010年8月メトレート錠2mg
2011年3月毎週木朝1夕1と金朝2錠となる
2014年4月市民病院の医師が定年退職、近所の医者(リウマチ専門医でもある)に変更、メトトレキサート錠に変更
現在に至る

病気と症状について

かなり重たいものを持った後、片方の手首に痛みが出て当初は捻挫か何かであろうと思い市販の湿布などで対応押していたが、数日しても治らなかった為近所の整形外科に通院を開始した。それでも治らず、痛む手首をかばいながら過ごしていた所、痛めた手首側の肘だったか?肩だったか?が痛み始め、そちらの腕をかばっていたっら今度は反対側の手首、そして肘や肩にも痛みが出始めたため、大きな病院(市民病院)で検査を受けたところリウマチと判明した。その病院(市民病院)にはリウマチの専門医がいたため、その医師に診てもらうこととなった。当時その医師からどのような説明を受けたかはあまり覚えていないが、とにかく投薬による治療が開始された。最初の頃処方された薬があまり合わず、その後膝や足首、更に手の指の関節までも痛み出し、当時畳の上で布団を敷いて寝ていたが、起き上がるのに痛みで力が入らずかなりの時間を要したり、ワイシャツのボタンを留めるのにも苦労した。重症度やステージと言ったものはあまり聞いたことが無いため、具体的に述べる事が出来ません

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

病気が酷くなる前から脚の関節が痛いと聞いてはいたが2011年...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

最初は、手がゴワゴワしているなと思っていたが、それがグローブ...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ抗リウマチ薬(DMARDs)を選んだか

始めはリウマトレックスであったが、ジェネリック医薬品が出来たため、また比較的病状が安定していることもありメトレート、メトトレキサートと変わっていった

参考:他の人が抗リウマチ薬を選んだ理由は...?

医師に処方され、そのほかの治療法は自分ではわからないので、医...

(続きを読む)

医師からは他の治療法の話はなかったから。まずは薬で様子を見る...

(続きを読む)

他の人が抗リウマチ薬を選んだ理由をもっと読む

抗リウマチ薬とは

体内の免疫の異常に直接働き、炎症を抑え、進行を防ぐ薬です。関節の破壊を防ぐ作用を持つものもあります。

「抗リウマチ薬」の概要

抗リウマチ薬(DMARDs)の効果について

病状がある程度進行してから(発症から数年後)は比較的安定しており体に無理をしなければ痛みも少ないが、無理をすると腫れや痛みが出る。

参考:他の人が感じた抗リウマチ薬の効果は...?

特に良くも悪くもなっていません。これでいいのかと、不安になる...

(続きを読む)

最初は痛み止めと一緒に処方されたので痛みは徐々に軽減していき...

(続きを読む)

他の人が感じた抗リウマチ薬の効果をもっと読む

治療期間

13年以上

治療に関する費用

始めの頃一月あたり診察や検査で300円~2,000円、薬代で3,000円 最近は診察、検査、薬代として5,000円~8,000円(リウマチ以外も同時に診てもらっているため)

副作用について

始めの半年間は食事をしても気持ち悪い、空腹でも気持ち悪い(吐き気など)と言った症状で10㎏ぐらい痩せたが、その後徐々におさまり体重も元に戻った

参考:他の人が感じた抗リウマチ薬の副作用は...?

特に副作用は、ありません。いつも通り生活できました。...

(続きを読む)

薬を服用して、副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた抗リウマチ薬の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

手首などの関節が固まってしまった(痛みもある)事もあり、バイクに乗る事は諦めざるを得なかった。また、転倒する事が怖くなり、極力走らないようにしている(昔のように走れないというのも事実)し、およそスポーツと名のつくものは殆どできなくなってしまった。関節を動かすと痛みが出るが、動かさないと固まってしまうというジレンマと戦うことになる。とにかく自分に合った薬や治療方法を早く見つけ、病気の進行を出来る限り食い止めるしか方法が無いと思う。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

痛みを感じた時点で早めに病院での治療を行っていたら、痛みなど...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

ステロイド剤が有効であることは調べて分かったが、骨粗鬆症にな...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

抗リウマチ薬(DMARDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす