あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

生物学的製剤を使うことになり、何を使うか選ぶように言われたが何が良いかわからず困った。アクテムラは日本で製造しているということと、日本人には合っているようだと聞いたので選んだ。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2014年1月
生物学的製剤アクテムラの点滴

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

適切な治療を受けたことにより体の痛みが引き、普通に生活が出来るようになった。現在はまだ関節炎やリウマチの数値が上がり痛みが出ることもあるが結婚妊娠もすることが出来、これからの生活に不安はあるが治療には満足している。

副作用

治療履歴

メトトレキサートの服用とアクテムラの点滴を同時に使っていた。今現在は妊娠中のため、プレドニゾロンを1日に2mg服用している。

病気と症状について

2013年から足の痛みで歩くのがツラい時があり、肩の痛みで腕が上がらなくなった。朝方が酷く着替えや車の運転がしずらくなった。右手の薬指、小指の間接に痛みが出て変形し始めた。それに加え、膝が痛く、階段や和式トイレが難しくなった。整形外科に通ったが、骨に異常は無いと言われ、痛み止めや塗り薬を出された。出された薬はどれも効果がなく、痛みは酷くなるし、変形も進んでいるようだった。朝方は手が自由に動かず、バネ指の症状が出た。顔を洗うのに手首を曲げられず、上手くあらえないこともあった。夜は掛け布団を持ち上げて自分に掛ける事や痛みで寝返りが出来ず、眠くても痛みで眠れない日が続いた。知人の紹介で、接骨院の先生に変形した指の写真を送り見てもらったら、リウマチかも知れないから血液検査をしてみると良いと思うと言われ、内科でリウマチの血液検査を行った。結果、リウマチの因子があるとのことで現在通っているリウマチ内科を紹介され、ようやくリウマチの治療を受けることが出来た。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

もともと腱鞘炎持ちだったが、腱ではなく、両手首が痛くなッた。...

(続きを読む)

最初に現れたのは典型的な症状とでも言うべきものであったのでは...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)を選んだか

生物学的製剤を使うことになり、何を使うか選ぶように言われたが何が良いかわからず困った。アクテムラは日本で製造しているということと、日本人には合っているようだと聞いたので選んだ。

参考:他の人が生物学的製剤を選んだ理由は...?

体への副作用を減らすためステロイドを中止して生物学的製剤に切...

(続きを読む)

寝たきり状態だった私がアクテムラのお蔭で海外旅行へ行けるまで...

(続きを読む)

他の人が生物学的製剤を選んだ理由をもっと読む

生物学的製剤とは

生物から作られるたんぱく質を利用して作られた薬です。サイトカインという炎症や関節破壊を引きおこす物質の働きを抑えます。高い免疫抑制作用をもちます。
現在、関節リウマチに使用されている生物学的製剤は、TNF阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ)、IL-6阻害薬(トシリズマブ)、細胞標的薬またはT細胞選択的共刺激調整薬(アバタセプト)の7剤とされています。
それぞれ皮下注射または点滴静注による投与などにわけれています。

「生物学的製剤」の概要

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の効果について

始めにメトトレキサートの服用を始めたが、痛みは変わらず効いているのか分からなかったが生物学的製剤の点滴を始めたら、痛みがスッと引いたので嬉しかった。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の効果は...?

30年近い長期のリウマチゆえ新薬が出るたび薬も何度も変わり、...

(続きを読む)

アクテムラを始めて数年後結婚をして子供を考え始めたので一旦ス...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の効果をもっと読む

治療期間

3年
現在4年目治療中

治療に関する費用

月3万円から6万円

副作用について

風邪などの重症化や感染など治療初期にかなり注意されたので不安だったが、風邪を引いても今までと変わりなく済んだ。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の副作用は...?

エンブレルの注射を始めてから6年経つが副作用は現れてない...

(続きを読む)

副作用はありませんでした。...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

始めは痛みで自由に動く事が出来ず、早く死にたいと思った。死ぬ病気では無いので、痛みがどんどん酷くなって自分の事が出来なくなっていくのがとても怖く感じた。このまま障害者になるなら死んだ方が楽だと思った。早く死にたかった。整形外科は私が診てもらった先生だけかも知れないが、もう信用出来ない。かなり通ったが、少しもリウマチの疑いを持ってくれなかった事に疑問を持つ。他の先生に写真を見てもらっただけでリウマチかもしれないと言ってもらえ、治療に疑問を感じたときのセカンドオピニオンは大切だと思った。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

病気になる前にできていたことができなくなり困ったし困り続ける...

(続きを読む)

病気になって感じたことは、ありきたりかもしれないが、今まで健...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす