あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

錠剤だけでな痛みがとれずその間、脳梗塞も併発したから、生物学的製剤を医師に勧められたから

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2004年2月
生物学的製剤アクテムラ

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

痛みが軽減して少し普段の生活が楽になり過ごしやすくなったから

副作用

治療履歴

リマチル、メトレート、アクテムラ

病気と症状について

両手指関節が腫れ近くの内科で受診、また朝のこわばりがありなかなか痛みがとれずリウマチの疑いといわれた。
専門機関ではなかったので調べ大学病院で血液検査などしてリウマチ診断が出て定期的に通院するように言われて今に至る

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

手指の関節が腫れて治らないため、整形外科を受診し、血液検査に...

(続きを読む)

身体のあちらこちらが痛く、普通歩くこと出来なくなって受診しま...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)を選んだか

錠剤だけでな痛みがとれずその間、脳梗塞も併発したから
生物学的製剤を医師に勧められたから

参考:他の人が生物学的製剤を選んだ理由は...?

メトトレキサートではあまり効果が見られず、寛解のためには生物...

(続きを読む)

副作用が少ないし、ほとんどの人に効果があると聞いたのできめた...

(続きを読む)

他の人が生物学的製剤を選んだ理由をもっと読む

生物学的製剤とは

生物から作られるたんぱく質を利用して作られた薬です。サイトカインという炎症や関節破壊を引きおこす物質の働きを抑えます。高い免疫抑制作用をもちます。
現在、関節リウマチに使用されている生物学的製剤は、TNF阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ)、IL-6阻害薬(トシリズマブ)、細胞標的薬またはT細胞選択的共刺激調整薬(アバタセプト)の7剤とされています。
それぞれ皮下注射または点滴静注による投与などにわけれています。

「生物学的製剤」の概要

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の効果について

最初に比べたら痛みが軽減したものの錠剤に変えたことでまた痛いときに戻り変形が進んでしまった
また、再度生物学的製剤をする事で改善がありつつ。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の効果は...?

診断後、生物学的製剤の処方を受け、服用後手足の関節の腫れがお...

(続きを読む)

点滴後、すぐに痛みが軽減され、関節がまがるようになった。足の...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の効果をもっと読む

治療期間

2年

治療に関する費用

月に血液検査含む3万以上

副作用について

肺に影が出来、息苦しさが常にあるので何とかなって欲しい

参考:他の人が感じた生物学的製剤の副作用は...?

特に副作用は感じられなかったが、服用後に疲労感を感じることが...

(続きを読む)

副作用は今のところ、感じていない。特になし...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

怪しいなと感じたら即、病院に受診することを勧める。
昔と比べて生物学的製剤という効果があるので利用できるが、薬費が高いのがネック。
痛みで気持ちの浮き沈みが出てしまうので、とにかく早期治療がベストだと感じる

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

とにかく痛みは他人には理解してもらえない。見た目普通なのであ...

(続きを読む)

普通の生活が出来るようになるのではないか不安だっだので、どう...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす