あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

それ以上の治療をする決定的な診断ができなかったから、対症療法を続けるしか選択肢がなかった

患者との関係:本人患者:30代女性治療時期:1994年5月
非ステロイド抗炎症薬ボルタレンSRカプセル37.5mg

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

薬では悪くもならず、よくもならなかった。

副作用

治療履歴

2000年10月ボルタレンSRカプセル37.5mg
2002年10月パキシル錠20mg
トレドミン25mg
ハルシオン0.25mg
ロヒプノール錠2mg
セロクエル錠25mg
2003年4月マイスリー錠10mg
ロヒプノール錠2mg

病気と症状について

足指関節の腫れ痛みで近所の整形外科を受診し、血液検査の結果リウマチ反応が陽性だといわれた。その病院では特に治療をされたわけだはなく、自分で調べて総合病院の専門科があるところで治療を始めた。明らかにリウマチとは特定できず、グレーゾーンであることを言われた。以降対症療法をすることにした。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

いつの日か、朝起きると、指の関節が痛むようになりました。最初...

(続きを読む)

最初の症状は2010年秋頃、起床時に手がこわばってなかなか動...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)を選んだか

それ以上の治療をする決定的な診断ができなかったから、対症療法を続けるしか選択肢がなかった

参考:他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由は...?

身体への負担が少なく副作用もあんまりなかったから医師のススメ...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が非ステロイド抗炎症薬を選んだ理由をもっと読む

非ステロイド抗炎症薬とは

痛みや炎症のもととなるプロスタグランジンという物質が体内で作られるのを防ぎ、炎症による腫れや痛みを軽減します。即効性のある薬で、鎮痛と解熱の作用を併せ持ちます。

「非ステロイド抗炎症薬」の概要

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の効果について

特に症状がひどく悪化したことはなかったが、よくなっているという実感もなかった。ただ悪化しないための対策だったので仕方がないと思う。治療しなければもっと悪化していたかもしれないということもわからないので、何とも言えない

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果は...?

今も投薬治療中ですが悪化もしてなく現状維持を保っている。天気...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の効果をもっと読む

治療期間

治療6年間

治療に関する費用

薬 3000

副作用について

鎮痛解熱剤では副作用はなかったが睡眠薬は副作用がありつらかった

参考:他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用は...?

だるさ。副作用が出た日は寝て過ごしている...

(続きを読む)

60代女性の家族(この人の治療体験)

他の人が感じた非ステロイド抗炎症薬の副作用をもっと読む

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

はっきりとリウマチだと診断されず、健康でもないといわれグレーゾーンで過ごしてきたが、治療をやめてからの経過を見ていると、やはり関節に違和感があり日常生活はできるが、常に足や手の関節のどこかが痛むし、腫れていたり、関節に軟骨が出ていたり、足の親指の関節には水がたまっていて長くは歩けない状態だ。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

関節リウマチになる原因の一つに、喫煙習慣があります。食生活や...

(続きを読む)

病気になる前の元気な時は決して当たり前ではなかったことを病気...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年06月19日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

非ステロイド抗炎症薬(解熱鎮痛薬、NSAIDs)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす