あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

近くにあるかかりつけ医師を診てもらうのは、安心して利用しやすいと思いました。

患者との関係:本人患者:50代男性治療時期:2011年4月
物理療法マッサージ、超音波

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

自分の病状にあった治療を受けられたので大変ありがたいです。

副作用

治療履歴

薬治療法で主に「リウマトレックス」を使い、ほかに鎮痛剤も使いました。
また定期的に超音波などの痛みを和らげるリハビリを受けました。

病気と症状について

4年前、食欲不振と疲れやすさを感じ、時には発熱の症状があったり、夜には肩周囲の痛みがおこったり、目が覚めてしまったことがしばしばあったりしました。
熱があって体がだるい時に、風邪薬を飲んだところ症状は良くなったのですが、肩の痛みに耐えられなく、近くの病院に行って診てもらいました。
いろんな検査を受け、出来た結果は予想外にも「リウマチ」の可能性があるとのことで、観察入院することを進められました。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

血液検査でMMP-3が高く、関節が曲がり始めたので、元の病気...

(続きを読む)

指がこわびり血液検査・問診の結果リユマチと診断された。リュウ...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ物理療法(理学療法)を選んだか

近くにあるかかりつけの医師に診てもらうのは、安心もできるし、とても利用しやすいと思いました。

参考:他の人が物理療法を選んだ理由は...?

薬の処方もされたが筋肉の量が少ないと説明されたので病院でのリ...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

物理療法とは

筋肉をほぐし血流をよくする温熱療法、炎症をおこした部位を局所的に治療する寒冷療法、温熱作用や組織修復作用のある光線療法、温水に浸かる水治療、マッサージなどがあります。

「物理療法」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

先生の診断を信じていたので、指示された通りの治療法に専念しました。

物理療法(理学療法)の効果について

初めて「リウマチ」と診断された時には、治らない病気と知り、一時的に心が細くなっていた時期がありました。
ですが、丁寧な治療を受けたことによって進行も抑えられています。これからも安心して治療を受けていきたいです。

参考:他の人が感じた物理療法の効果は...?

痛みはあったものの前よりはそれほど痛みはなくなった。立ったり...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

他に検討した治療法

他の治療法は検討していません。
自分が行った治療法は「間違いない」と思っており、これからも続けてやっていきたいです。

治療期間

入院期間:2週間
治療期間:4年近く

治療に関する費用

入院:13万円くらい 薬剤:4千円くらい(1ヶ月分)

副作用について

とくにありませんでした。

参考:他の人が感じた物理療法の副作用は...?

痛みがない部分の靴擦れや腫れなどはあったが、それほどひどいも...

(続きを読む)

70代以上女性の家族(この人の治療体験)

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

早期に診断され、早期に治療をを始められば、病気の進行を防ぐことができるので、そういった事がとても大事だと思います。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

肩が自由に動かせなくなった。使い過ぎはNG、肩に負担をかけな...

(続きを読む)

鍼灸に行ったり、冬場は早い時期から手袋をして体を冷やさないよ...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年10月07日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる