あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

妊娠希望していたので、一番胎児に影響しないものとのことでした。

患者との関係:本人患者:20代男性治療時期:1997年4月
生物学的製剤エンブレル

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

調子が良かったのに、体質に合わずに合併症を起こしてしまったので
とても残念でした。

副作用

治療履歴

ステロイドを点滴し、炎症を抑える治療をしました。

その時の処方は、ロキソニン、セルベックス、アザルフィジン、ステロイド剤

4年前に、生物的製剤の、エンブレルを打つことに
凄く調子が良く痛みも和らいで最高な実感でした。
半年たった時に、18歳の時に感染したB型肝炎が再発、
直ちに中止しました。

その後、妊娠希望しているため、
ロキソニンはやめて、
セルベックス、アザルフィジン、ステロイド剤を服用し続けています。
変形は増えて進んでいます。

病気と症状について

右手首に痛みを覚え整形外科に行きました。
しかし、保育士をしていた私に医師は、子供の抱きすぎで腱鞘炎という診断をくだし、
シップとロキソニンを処方されました。
しかし、3年も治らずに、血液検査から、リウマチの可能性と、大きな病院への紹介状を頂きました。
治療を開始した時には、すでに手の指が変形し始めていました。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

足の指の関節が痛くて新しく買った靴が履けなくて血液検査をして...

(続きを読む)

おもに手首やひじの間接が痛むため、病院にて血液検査などを行い...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)を選んだか

妊娠希望していたので、一番胎児に影響しないものとのことでした。

参考:他の人が生物学的製剤を選んだ理由は...?

シムジア、シンポニーを打っても効果なくアクテムラに変えたらち...

(続きを読む)

費用が高く自分で注射をしなくてはならないというデメリット(未...

(続きを読む)

他の人が生物学的製剤を選んだ理由をもっと読む

生物学的製剤とは

生物から作られるたんぱく質を利用して作られた薬です。サイトカインという炎症や関節破壊を引きおこす物質の働きを抑えます。高い免疫抑制作用をもちます。
現在、関節リウマチに使用されている生物学的製剤は、TNF阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ)、IL-6阻害薬(トシリズマブ)、細胞標的薬またはT細胞選択的共刺激調整薬(アバタセプト)の7剤とされています。
それぞれ皮下注射または点滴静注による投与などにわけれています。

「生物学的製剤」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

病院でもらった冊子です。

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の効果について

毎週自己注射をしていました。
半年後、肝臓の数値が異常に上がってしまい、
18歳の時に感染したB型肝炎が再発、
直ちに中止しました。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の効果は...?

まだ数回しか打ってなくて、院内で自己注射練習中。 1回目は...

(続きを読む)

2013年に、今までの薬+点滴が合わなかったので、月に二本 ...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の効果をもっと読む

他に検討した治療法

ステロイド薬,抗リウマチ薬

治療期間

半年です。

治療に関する費用

1か月12万くらいだったと思います。 高額医療の請求が出来ます。

副作用について

半年後、肝臓の数値が異常に上がってしまい、
18歳の時に感染したB型肝炎が再発、
直ちに中止しました。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の副作用は...?

アクテムラはなかった。リウマトレックスは咳でドクターストラッ...

(続きを読む)

吐き気と倦怠感が数時間続きました。...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

青山一丁目の山王病院です。

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

私の場合は、血液検査ではあまり数値が出ずに、
変形や痛みで現れるタイプのリウマチでした。
そのせいで、発見と治療スタートが遅れてしまったことが今でも悔やまれます。
日常生活においてですが、
痛いからと動かないと、固まってしまいどうにもならなくなります。
適度な運動、出来る事は人に頼らずにやることをお勧めします。
しかし、頑張りすぎたり体力を遣いすぎると、
翌日から一切起きることも出来なくなります、
それは3日間くらい続きます。
その程度というものを、自分で調節しないとダメなのです。
梅雨などの湿度、クーラーの冷え、飛行機や台風の気圧、関節の使い過ぎには
本当に要注意なのでございます。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

リウマチが発症してすぐに見つけてもらい、適切な処置、投薬をし...

(続きを読む)

普通の暮らしはできると思われるが、ステージ、重度を自分なりに...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす