あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

エンブレムは自宅で皮下注射ができたので、痛みがひどく通院するのも苦痛だったため選択したのですが、効果が出ず、痛みが悪化する一方だったため、医師の勧めるアクテムラを病院内で点滴投与することにしました。

患者との関係:本人患者:40代男性治療時期:2013年9月
生物学的製剤アクテムラ(点滴)

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

アクテムラを投与されてから3ヶ月以内に効果が出、痛みが激減し、日常生活が徐々に楽になっているが、皮膚が荒れたり、肝機能の低下が副作用で出るのでこの評価にしました。

副作用

治療履歴

最初にリウマトレックスを6ミリ分、一週間のうちの決められた曜日、時間に服薬しました。効果がでないため、一ヶ月後、10ミリに増量しましたが、それでも効果がないため、薬を飲み始めてから3ヶ月後に生物学的製剤のエンブレムを自宅で皮下注射することになりました。それから1ヶ月後、エンブレムを使用してもリウマチ数値の上昇が止まらないため、4週間に一回の頻度でアクテムラを点滴で投与されました。

病気と症状について

肩に激痛が走り、腕が上がらなくなったため受診したところ、50肩だと診断されたのですが、それから1ヶ月経たない内に膝関節に痛みが出たため血液検査をしてもらうとリウマチの疑いがあるとのことで専門医を紹介されました。専門医を受診すると関節リウマチだとすぐに確定診断されました。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

突然手や足が痛くなり普段の生活をするのもつらくなり病院にいき...

(続きを読む)

健康診断でリウマチ因子の数値が高かったため受診しました。医師...

(続きを読む)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)を選んだか

エンブレムは自宅で皮下注射ができたので、痛みがひどく通院するのも苦痛だったため選択したのですが、効果が出ず、痛みが悪化する一方だったため、医師の勧めるアクテムラを病院内で点滴投与することにしました。

参考:他の人が生物学的製剤を選んだ理由は...?

他の生物製剤と比べ、費用が安く、効果は同等であるというデータ...

(続きを読む)

関節リウマチは一生の付き合っていくものという意識でしたが、発...

(続きを読む)

他の人が生物学的製剤を選んだ理由をもっと読む

生物学的製剤とは

生物から作られるたんぱく質を利用して作られた薬です。サイトカインという炎症や関節破壊を引きおこす物質の働きを抑えます。高い免疫抑制作用をもちます。
現在、関節リウマチに使用されている生物学的製剤は、TNF阻害薬(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ)、IL-6阻害薬(トシリズマブ)、細胞標的薬またはT細胞選択的共刺激調整薬(アバタセプト)の7剤とされています。
それぞれ皮下注射または点滴静注による投与などにわけれています。

「生物学的製剤」の概要

治療法を決めるために参考にした情報

http://www.twmu.ac.jp/IOR/diagnosis/ra/medication/biologics.html

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の効果について

アクテムラ点滴投与後、1ヶ月で痛みが激減、3ヶ月で平地での歩行が短い距離なら可能になりました。半年後、車椅子がなくても外出できるようになり、1年後、両腕が前方向からなら上に挙げられるようになりました。1年半経過した現在、両腕は通常に動かすことが可能で、膝の痛みもとれてきて地べたにゆっくりとなら座れるようになっています。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の効果は...?

1回目の治療 薬の服用で腫れと痛みは軽くはなったが、朝はや...

(続きを読む)

ヒュミラの注射を開始してから2か月間は全く効果を感じませんで...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の効果をもっと読む

他に検討した治療法

他の治療法は検討していない

治療期間

三泊四日の入院を4週間ごとに一回、計3回。その後4週間に1回、病院内での点滴投与を1年繰り返した後、6週間に一回のペースで点滴投与。現在も継続中です。

治療に関する費用

薬剤:65000円(一回の点滴薬分)

副作用について

治療後、1週間内に皮膚の所々がダニに刺されたような状態になりました。半年経過後、肝機能の数値が血液検査で高くなっていました。

参考:他の人が感じた生物学的製剤の副作用は...?

アクテムラ注射後1日経ってめまい。食欲不振。 数日後は何も...

(続きを読む)

特にないですが、しいて言えば、腹部に打つ注射の痛みでした...

(続きを読む)

他の人が感じた生物学的製剤の副作用をもっと読む

治療を受けた病院について

生物学的製剤の点滴:国立相模原病院

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

風邪を引くと肺結核になる可能性が高くなるため、治るまで薬の投与をしてもらえなくなります。絶対に感染しないよう、マスク着用や手洗い、うがいの徹底を行うことが必要です。

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

病気になって初めて普通の暮らしができることが幸せだと思いまし...

(続きを読む)

症状が治まった際、1度だけ自己判断で服薬をやめたが、しばらく...

(続きを読む)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2015年08月14日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる

関節リウマチの体験談をもっとさがす

生物学的製剤(抗TNFα阻害薬)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす