あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)の体験談

規則正しい生活が送れるようになったが、まだ疲れが出やすく、帰ったら夕飯の時間まで寝てしまうことが多いが、以前よりはマシな方になったと思います。

患者との関係:本人患者:20代女性治療時期:2012年8月3日
作業療法職業訓練

関節リウマチとは

手足やひざ、ひじなどといった関節の内側にある滑膜という部分に炎症がおこり、関節が腫れて痛む病気です。進行すると関節が破壊されて変形し、放置すると最終的には寝たきりの状態になってしまします。

関節リウマチの症状

満足度

生活習慣は良くなったが、まだ疲れがあるため。

副作用

治療履歴

<リウマチ>
・薬での治療が主
<精神病>
・薬での治療
・作業療法(障がい者の人が就職できるようにサポートしてくださる施設での就職の練習)、入院中は病院内で作業療法(色塗り)をしていた。

病気と症状について

2012年に短大を卒業し就職をしたのですが、現場を歩き回っているときにふとしゃがんだら膝に激痛が走ったので病院に行ったところ、リウマチの可能性があると診断されました。
それから5年間無職になり、今に至ります。
また、昨年に精神病を患い、今年の頭に倒れ、発達障害の可能性もあると診断され、現在はリウマチと精神病の2つの病院に通院ししております。

参考:関節リウマチにかかった他の人の症状は...?

以前から手首が腫れたり、膝が腫れたりする症状があったが、病院...

(続きを読む)

病気が酷くなる前から脚の関節が痛いと聞いてはいたが2011年...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

関節リウマチにかかった他の人の症状をもっと読む

なぜ作業療法を選んだか

規則正しい生活が送れるようになったが、まだ疲れが出やすく、帰ったら夕飯の時間まで寝てしまうことが多いが、以前よりはマシな方になったと思います。

作業療法とは

編み物や手芸など、手先を動かすことで手や指の機能の向上や、症状の予防を行います。

「作業療法」の概要

作業療法の効果について

高野山にお参りに行った時にワンちゃんと出会い、普段犬が苦手なのですが、不思議なことに自然と近づけて触ることができた時に、ワンちゃんが元気を与えてくれたのか、それまで足を引きずりながら歩いていたのに、痛みが軽くなった気がしました。
それが一番印象に残っていることです。

治療期間

現在も治療中

治療に関する費用

0円

副作用について

リウマチか精神の方かはわかりませんが、疲れた時に口や手が痺れることがあります。
リウマチの先生曰く、あまりくよくよ考えるといけないそうです。
現在もリウマチの痛みはあります。

関節リウマチを患っている方へのアドバイス

・シャンプーやペットボトルの蓋が開けられないこと
・階段は手摺があっても上りづらい
・トイレに座る時に便座がバキッという
・運動はどのくらいの程度したらいいのかわからない
・裏起毛の服が欠かせない→着ないよりマシ

参考:関節リウマチを経験した他の人のアドバイスは...?

日常生活にもかなり影響のある痛みがつらい。手首が腫れれば、風...

(続きを読む)

痛みを感じた時点で早めに病院での治療を行っていたら、痛みなど...

(続きを読む)

70代以上男性の家族(この人の治療体験)

関節リウマチを経験した他の人のアドバイスをもっと読む

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年12月01日
気になる点を報告

探している情報が見つからないので、質問してみる