あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

関節固定術と滑膜切除術の比較関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

適用される患者

頸椎が変形して神経を圧迫する危険がある方や、手足の支える力が落ちている方

感染症にかかっている方や、あまりにも進行が進んでいる方は適応をさける場合があります。

薬物療法やリハビリテーションによって痛みやわらがず、関節の破壊が防げていない方

既に関節の破壊が進行してしてしまっている方は適応をさけましょう。

他の治療法に比べての優位性

動かなくても生活に支障のないような関節であれば、関節の変形や痛みを防ぐのによい方法です。固定をすることで痛みがやわらぎます。
現在では、内視鏡による鏡視下手術の効果が報告されており、一般的となっています。また短時間での施術が可能です。

留意すべきこと

関節の動きが制限されるため、日常生活に不便が生じたり自助具が必要になることもあります。

手術後、完全に滑膜を取り除けないことや痛みが残ることもあります。またリウマチを治す治療ではなく再発の恐れもあるため、術後の治療の継続が必要です。

副作用と対策

内出血

関節内の細い血管から出血し、関節内に血が滞ることがあります。

多くは2~3週間で治まります。必要に応じて止血管理を行うこともあります。

一般的な所要時間

治療期間:手術自体は日帰りが可能です。
その後、抜糸まで2週間、骨の固定まで3~12ヶ月かかります。

手術時間:1時間程度

体験談件数

1/全148
2/全148

体験談評価平均

3.0/5.0

疾病平均2.9

4.5/5.0

疾病平均2.9

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の関節リウマチの治療法

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。