あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

物理療法(理学療法)と人工関節置換術の比較関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

適用される患者

関節の痛みや腫れがみられる方

高血圧や心臓疾患のある方は適応をさけましょう。

関節の破壊が進んで、日常の動作に困難が生じている方

若者や、日常的に運動を繰り返す方には適応できない場合があります。治療を受ける方の体重が標準体重を大きくこえている場合、治療をすぐには行えない場合があります。

他の治療法に比べての優位性

運動療法と併用することで、痛みや腫れの軽減に効果的です。
痛みがなくなり、歩行能力が向上します。日本国内では1年間に20万件以上の手術が行われています。

留意すべきこと

炎症をおこしている時は寒冷して炎症を抑え、収まったら温めるというように、本人の状況に適した対処法を行うことが大切です。

術後もリハビリや薬物療法の継続が必要です。また人工関節の耐用年数の限界や、脱臼の可能性があるため日常生活における注意が必要です。

副作用と対策

感染症

手術を行った部位に細菌が入り、増殖することで感染症をおこし、発熱したり手術部位に膿や痛みの症状があらわれることがあります。また、肺炎など術後の抵抗力の低下により発症する感染症もあるとされます。術後、熱がなかなか下がらない場合や、血液検査において炎症を表す数値が高い場合、手術を行った部位の外観の異常で術後感染症の有無が判断されます。

手術の前後には、抗生物質による予防的な投与が行われます。また、術中に関しては、手術室は空調により浮遊している粒子が手術部位の視野に極力入らない工夫がなされ、また手術部位、術者、医療器具などは消毒による無菌管理厳しく行われています。こうした徹底した予防を行っていても、手術後の感染の可能性は一定の確率でおこる場合があるため、抗生物質の投与を行い、膿んでしまった場合は傷を開いて膿を排出するなどの対策が行われます。症状が深刻な場合、人工関節の入れ替えが必要となる場合があります。

一般的な所要時間

日々の生活の中で実施します。

手術時間:1~2時間程度

体験談件数

2/全148
7/全148

体験談評価平均

3.5/5.0

疾病平均2.9

2.3/5.0

疾病平均2.9

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の関節リウマチの治療法

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。