あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

物理療法(理学療法)と装具療法の比較関節リウマチ(関節リュウマチ、リウマチ)

適用される患者

関節の痛みや腫れがみられる方

高血圧や心臓疾患のある方は適応をさけましょう。

初期段階の方、または関節の破壊の進行している方

他の治療法に比べての優位性

運動療法と併用することで、痛みや腫れの軽減に効果的です。
最近では軽量化や小型化も進んでおり、伸縮性や通気性などもふまえた上で作られています。長期での使用で効果がより期待できます。

留意すべきこと

炎症をおこしている時は寒冷して炎症を抑え、収まったら温めるというように、本人の状況に適した対処法を行うことが大切です。

装具との相性が悪く不具合がおこることもありますが、個人的に使用を中止せず装具を変更して、使用を継続することが重要です。時々、装具を外して関節を動かすことも必要です。

副作用と対策

一般的な所要時間

日々の生活の中で実施します。

日々の生活の中で実施します。

体験談件数

2/全148
-/全148

体験談評価平均

3.5/5.0

疾病平均3.6

-/5.0

疾病平均3.6

治療法を比較したら
自分に合う治療法を詳しく知ろう

治療法について、実際に質問してみる

上記以外の関節リウマチの治療法

参照元:(関節リウマチ診療ガイドライン2014日本リウマチ学会http://www.ryumachi-jp.com/guideline.html(閲覧日:2015年7月6日),医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年7月6日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。